iをありがとう

メニュー

  • iPhone 7用ケースの一覧カタログ

【豆知識】映画館や劇場でマナーを守れる、Apple Watchの「シアターモード」の設定方法・使い方

Apple Watchのシアターモード

Apple WatchのwatchOS 3.2で、新たに「シアターモード」機能が搭載されました。
シアターモードを設定すると、手首を動かしても画面がスリープしたまま(暗いまま)になります。
映画や演劇、コンサートなどの鑑賞時に、画面が明るく点灯するのを防げます。
設定方法と使い方を解説します。

Apple Watchのシアターモード

▲ シアターモードにするには、Apple Watchの文字盤を上にスワイプして、コントロールセンターを引き出します。

Apple Watchのシアターモード

▲ マスクをふたつ重ねたアイコンをタップすると、シアターモードに切り替わります。
シアターモードにすると、自動的に消音設定もオンになります。

Apple Watchのシアターモード

▲ シアターモード中は、画面の上にアイコンが表示されます。
画面を見ようと手首を返しても、画面が暗いままで点灯しなくなります。
通知の振動は届きます。

画面を点灯させるには、以下の方法があります。

  • 画面をタップする
  • デジタルクラウンを押す
  • サイドボタンを押す

Apple Watchのシアターモード

Apple Watch Series 2のみ、デジタルクランを回すことで、段階的に画面を明るく/暗くできます。
上演中に、そっと時間を確認したいときに便利です。

手首を下げたりして画面を再度スリープさせても、シアターモードは継続されています。
点灯させた画面を消すには、画面を手で覆うのが確実です。

シアターモードをオフにするには、コントロールセンターを開いてアイコンを再度タップします。

関連する豆知識

公式サポート情報

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
iPhone5ケースやカバーなどの専門店 - SHOWCASE Online

最近のニュース記事