iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ

【レビュー】BeatsXイヤフォン:iPhoneとの親和性が高い、カナル型Bluetoothワイヤレスイヤホン

BeatsXイヤフォン

BeatsXイヤフォン」をレビューします。
BeatsのBluetoothワイヤレスイヤホンです。
AirPodsと同じ「Apple W1チップ」を搭載しています。
「Apple W1チップ」により、省電力で駆動するほか、対応している機器と簡単にペアリングできます。
3ボタン式のリモコン・マイクを搭載しています。

仕様・外観

BeatsXイヤフォン

▲ 以下のものがセットになっています。

  • イヤホン本体
  • 充電用Lightningケーブル
  • 収納ケース
  • 4種のイヤーチップ
  • 2サイズの着脱可能なウイング型チップ
  • マニュアルなど

BeatsXイヤフォン

▲ 首に掛けるように装着する、ネックバンド型です。
ブラック、ホワイト、ブルー、グレイの、4色のカラーバリエーションが用意されています。
このページで使用しているのはブラックです。

BeatsXイヤフォン

▲ ネックバンドの部分は、メーカーでは「Flex-Formケーブル」と呼んでいます。
ゴムのような柔軟性がありながらも、芯材が入ったように形状が保持されて、首にフィットします。
太く膨らんだ部分には、バッテリーなどが収まっているようです。

BeatsXイヤフォン

▲ ネックバンド部分を、裏側から見たところ。
右側には電源ボタン、左側には充電用のLightning端子が搭載されています。

BeatsXイヤフォン

▲ 充電にはLightningケーブルを使用します。
長さ約20cmの、扱いやすいLightningケーブルが付属しています。
iPhoneと同じ充電器・ケーブルを使えるので便利です。
「Fast Fuel」と呼ばれる急速充電機能で、5分間充電するだけで、約2時間使えます。
満充電にすると、約8時間の連続再生ができます。
満充電に要する時間も、40分ほどです。

BeatsXイヤフォン

▲ 電源ボタンを長押しすると、電源のオン/オフができます。
ボタン上に、起動状態や充電状況、バッテリー残量を示すLEDランプが搭載されています。
ランプは指で隠れてしまうので、見えにくいのが難点です。

BeatsXイヤフォン

▲ 3ボタン式のリモコン・マイクが、左側ケーブルに搭載されています。
音量調節、音楽の操作、通話、Siriの呼び出しなどができます。

BeatsXイヤフォン

▲ イヤホンのユニットは小さめで、耳穴に収まりやすいです。

BeatsXイヤフォン

▲ イヤーチップは、丸型3サイズ+2段重ね1サイズの、合計4種類が付属しています。
すべてシリコン素材です。
着脱可能なウイング型のチップも、2サイズ付属しています。

BeatsXイヤフォン

▲ ウイング型のチップを使うと、外耳に引っかかって、耳から外れにくくなります。
柔らかい素材で、耳が痛くならず使いやすいです。

BeatsXイヤフォン

▲ ユニットにマグネットが内蔵されています。
左右を吸着させることで、ペンダントのように首から下げられます。
ポケットやバッグに仕舞うこと無く、安全に持ち運べます。

BeatsXイヤフォン

▲ 持ち運び用の収納ケースが付属しています。
カプセル型に成型されたシリコン製で、BeatsXを押し込んで収納します。
すべすべした質感ですが、ホコリが付きやすいです。

BeatsXイヤフォン

▲ ケースへの収納の際には、ネックバンド部分で輪を作り、小さくまとめる必要があります。

使用感・音質

BeatsXイヤフォン

▲ 対応するデバイスの近くで電源を入れるだけで、画面にペアリングのボタンがポップアップ表示されます。
ワンタップでペアリングが完了し、簡単に使い始められます。
これはApple製の「W1チップ」を搭載した、AirPodsBeats Solo 3Powerbeats 3と同じです。
iOS 10を搭載したiPhone/iPad/iPod touchと、macOS Sierraに対応しています。
その他のデバイスでも、通常のBluetoothヘッドセットと同じ手順で同期して使えます。

BeatsXイヤフォン

▲ iOS 10デバイスとの接続時には、画面上部のステータスバーにヘッドホンのアイコンが表示されます。
電池残量は、ウィジェットの「バッテリー」の項目で確認できます。

BeatsXイヤフォン

▲ 同じiCloudアカウトでログインしている、iPhone/iPad/iPod touchと、Apple Watch、Macにも、自動的にデバイスの情報が同期されています。
オーディオ出力先を選択するだけで、簡単に同期します。
Bluetoohの設定から、BeatsXの名前も変更できます。
1台のデバイスで同期を解除すると、ほかのデバイスからも自動的に情報が削除されます。

BeatsXイヤフォン

▲ 音質はフラットで聴きやすいです。
私は高音域をきらびやかに聞かせてくれるものが好きなので、その点ではやや物足りなく感じます。
派手さはありませんが、低音域もしっかり出ており、楽しく音楽を聴けます。
Apple Musicとの相性がよい印象です。

BeatsXイヤフォン

▲ 電源のオン/オフは、右手の親指で操作することになります。
やや操作しにくく、身につけているとLEDランプも見えないのが残念です。

BeatsXイヤフォン

▲ リモコン・マイクは、左側ケーブルの途中にあります。
ボタンが無くSiriで操作しなければならないAirPodsと比べると、やはりリモコンがあるのは快適です。

AirPodsとの比較・違い

BeatsXイヤフォン

▲ AirPodsとBeatsXは、同じApple A1チップを搭載し、価格帯も近いです。
BeatsXはリモコンも搭載しているのが便利です。
音量調節や音楽操作が普通にできます。

BeatsXイヤフォン

▲ 最大の違いは「遮音性」です。
カナル型(耳栓型)のBeatsXは遮音性が高く、電車や飛行機内でも、快適に音楽が聴けます。
AirPodsは飛行機内でも試したところ、ボリュームを上げても機内の騒音に負けて、何かがシャカシャカ鳴っているようにしか聞こえません。
飛行機内のAirPodsは耳にも悪そうで、現実的ではありません。
交通機関内で音楽を楽しみたいなら、BeatsXがおすすめです。

AirPodsは充電ケースから出し入れするだけで、電源のオン/オフ操作が要らない点は便利です。
ケーブルの無い、完全ワイヤレスの快適さも備えています。
一方のBeatsXも、ケーブルがあるからこその扱いやすさと、安心感があります。
首から吊り下げて保持でき、片方落として無くす心配もありません。
AirPodsは片耳だけ外した場合でも、ポケットなどに仕舞う必要があります。
BeatsXのケーブルは、衣服の襟などと接触して、いわゆる「タッチノイズ」が生じることがあります。

このようにBeatsXとAirPodsはそれぞれ一長一短で、どちらが優れているとは決められません。
自分の音楽の聴き方や、生活様式に合わせて選んでください。

Apple Musicの無料クーポンが付いてくる

BeatsXイヤフォン

▲ BeatsXには、Apple Musicの3カ月分無料クーポンが付いてきます。
(※ このキャンペーンは2017年5月19日で終了しています)
Apple Musicは、初回登録時は3カ月無料ですが、クーポンを使えば合計6カ月無料になります。
Apple Musicを使わない場合、このクーポンを2,940円分のiTunesギフトコードとして受け取ることもできます。
詳しくは以下の記事を参照してください。

【豆知識】BeatsXなどBeats製品を買うと付いてくる「Apple Music 3カ月無料クーポン」を、アプリ購入などに使えるiTunesコードとして受け取る方法

イヤーチップをコンプライに交換する

BeatsXイヤフォン

▲ コンプライのウレタンフォーム製イヤーチップを使えば、遮音性をさらに高められます。
コンプライ製イヤホンチップには、さまざまな種類とサイズがあり、対応するものを選ぶ必要があります。
コンプライ社が、BeasXに対応する製品を公開しています。

BeatsXイヤフォン

▲ 私はComply(コンプライ)T-500 ブラック Lサイズに交換してみました。
遮音性が高まり、耳穴へもしっかり保持されるようになります。
音質も変わり、低音域が強まります。
付属のシリコン製イヤチップで満足できない方は、試してみてください。

まとめ

BeatsXイヤフォン

装着感や同期の簡単さなど、様々な面で「快適」に使えるイヤホンです。
柔らかく柔軟性のあるケーブルは、首回りにフィットして邪魔になりません。
左右のユニットを吸着させて、ペンダントのように吊り下げられるのも、扱いやすく便利です。
ワンタップでペアリングが完了し、接続先を簡単に切り替えられるのは、Apple製品ユーザにとってはありがたいです。
iPhoneと同じLightningケーブルを使って、短時間で充電が完了します。
iPhoneで音楽を聴くためにBluetoothイヤホンを導入するなら、親和性が高くおすすめの製品です。

BeatsXイヤフォンは、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込15,984円(税別14,800円)です。

タグ: , , ,

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
Patchworks | Premium Mobile Accessories
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

最近のニュース記事