iをありがとう

メニュー

  • iPhone 8用ケースの一覧カタログ

【豆知識】AirPodsのダブルタップで、曲送り・曲戻しが可能に。右側と左側で、異なる動作も設定可能(iOS 11)

AirPods

AirPodsは耳に装着した状態でダブルタップすることで、Siriの呼び出しなどの操作ができます。
ダブルタップ時の動作はカスタマイズできます。
iOS 10では「Siri」と、音楽の「再生/一時停止」の、2種類から選べました。
iOS 11では選べる動作が増え、右と左で異なる操作を割り当てることも可能になりました。

AirPods

▲ AirPodsと同期中のデバイスで、
設定 > Bluetooth > AirPods(自分で設定した名前)の横にある、「i」アイコンをタップします。

AirPods

▲ 「AIRPODSをダブルタップ」欄の設定で、左と右のそれぞれに対して、

  • Siri
  • 再生/一時停止
  • 次のトラック
  • 前のトラッック
  • オフ

の5種類の操作を設定できます。

音楽の曲送り・曲戻しができる「次のトラック」「前のトラッック」は、iOS 11で利用可能になった新機能です。
AirPodsを片方だけで使う場合は、そちらに設定した1種類の操作しかできません。
私は片方を「再生/一時停止」、もう片方を「次のトラック」に設定しています。

AirPods

AirPodsは同じiCloudアカウントでログインしているデバイスに、自動で設定が同期され、ペアリングの手間がかかりません。
上で割り当てた操作設定は、ほかのデバイスで使う際にも引き継がれます。
iOS 11で左右に違う機能を割り当てたあとで、iOS 10のデバイスに同期させても、操作設定は生きています。

関連する豆知識

公式サポート情報

タグ:

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
Patchworks | Premium Mobile Accessories

最近のニュース記事