iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ

【イベント】Apple Storeでプログラミングの基礎を学べる子供向けイベント「Hour of Codeワークショップ」12月4日から1週間開催。教員対象セッションも

Apple Store Hour of Codeワークショップ

Apple Storeで「Hour of Codeワークショップ」が開催されます。
1時間でコンピュータプログラミングの基礎を学べる、子供向けのワークショップです。
12月4日(月)〜10日(日)までの1週間にわたって開催されます。

Appleが開発した、iPadでプログラミングを学べるアプリ「Swift Playgrounds」が使われます。
以下のカリキュラムが用意されています。

  • How To:プログラミングを始めよう(12歳以上の初心者)
  • How To:Swift Playgroundsでロボットをプログラミングしよう(推奨年齢は12歳以上)
  • Kids Hour:スター・ウォーズのドロイドをプログラミングしよう(推奨年齢6~12歳)
  • Kids Hour:Spheroで迷路にチャレンジしよう(推奨年齢6~12歳)

Apple Store Hour of Codeワークショップ

5日(火)には教職員向けのセッション「Teacher Tuesdays:アプリケーション設計とプログラミングの基礎」も催されます。
プログラミングの授業に利用できる「Everyone Can Code」カリキュラムについて学べます。

国内6店舗のApple Store各店で開催されます。
開催回数・時間は、店舗・日にちにより異なります。

ニュース解説

「コンピュータサイエンス教育週間」にちなんだイベントで、日本のApple Storeでは今年で4年目の開催です。
コンピュータサイエンス教育を推進するCode.orgをサポートするものです。
従来は1日限りでしたが、昨年から7日間連続になりました。

今年5月から、Apple Storeで開催されている講座をまとめて「Today at Apple」と呼ばれています。
今回のHour of Codeワークショップも、Today at Appleに組み込まれています。
各講座とも、Today at Appleで定期開催されているタイトルです。

開催に合わせてiPadアプリ「Swift Playgrounds」に、Hour of Code用の新しい課題が追加されています。
デジタルロボットの組み立て・カスタマイズを行うものです。

タグ: ,

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
Patchworks | Premium Mobile Accessories
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

最近のニュース記事