iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケース・保護フィルムのレビュー集

【ニュース】Appleが「『圏外』の問題に対するiPhone 7修理プログラム」開始。症状の発生する対象デバイスを無償修理

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

Appleが“「圏外」の問題に対するiPhone 7修理プログラム”を開始しています。
iPhone 7の一部が、モバイルデータ通信のサービスエリア内でも「圏外」と表示される場合があると判明したため、無償で修理対応するものです。

詳細:「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム – Apple サポート

対象となるモデルは、2016年9月〜2018年2月までに製造され、中国、香港、日本、マカオ、米国で販売されたiPhone 7です。
iPhone 7 Plusは含まれません。

日本で販売されたものは、背面に刻印されたモデルナンバーが「Model A1779」となっているのが対象です。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

症状が発生する場合は、Apple Store店頭(要予約)、テクニカルサポート、正規サービスプロバイダで、交換を申し込めます。
修理前に実機の検証が行われ、診断結果により問題ない場合は、修理されません。

すでにこの問題で有償修理を行っている場合は、返金を受けられる場合があります。
ガラスが割れているなど、ほかに故障箇所がある場合は、別途修理代金がかかる可能性があります。
プログラムの有効期間は、“本体の最初の小売販売日から2年間”です。

ニュース解説

iPhone 7は2016年9月に発売されたものです。
Apple Payが日本で利用可能になり、ジェットブラックの品薄も話題になったモデルです。
私のiPhone 7ブラックモデルも、刻印が「A1779」となっている対象モデルでした。
圏外となる問題が発生するのは「ごく一部」とのことで、私も感じたことはなく、修理対象とはならないと思われます。

モデル番号はiOS 11から、画面内でも確認できるようになっています。
【豆知識】iPhoneの「A〜」で始まるモデル番号を、画面内で確認する方法

その他の修理・交換プログラムは、交換/リペアエクステンションプログラム – Apple サポートにまとめられています。

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~
AnyTrans for iOS

おすすめのコンテンツ

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ
  • iPhone X用ケース・保護フィルムのレビュー集

PR