iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケース・保護フィルムのレビュー集

【ニュース】スケッチや写真撮影、作曲、映画制作を学ぶための、iPadを使った教育カリキュラム「Everyone Can Create」発表

Everyone Can Create

Appleが学校・教育機関向けの教育カリキュラム「Everyone Can Create」を発表しています。
iPadを使ってスケッチ、作曲、映画制作、写真撮影などを学習するための、教師向けのプログラムです。

Everyone Can Create

無料の学習リソースと、教師用ガイドで構成されたカリキュラムです。
プログラミング学習教材としてAppleが提供している、「Everyone Can Code」に続くものです。
新しい9.7インチiPadとApple Pencilで利用できます。
授業プランにスケッチ、作曲、映画制作、写真撮影などを組み込んで、生徒が興味を持って取り組めるよう設計されています。

晩春からApple StoreのワークショップToday at Appleで、教職員向けにEveryone Can Createのセッションが展開予定とされています。
「Everyone Can Create」は今秋提供予定です。

スクールワーク

同時に、教室内でiPadを活用するための、新しい教師向けアプリ「スクールワーク」も発表されています。
「スクールワーク」は「まもなく登場」とされています。
これまでiPad用に提供されていた教育アシスタントアプリ「クラスルーム」のMac版も発表され、6月からベータ版が提供予定です。

クラスルーム

また本日から「管理対象Apple IDを保有する教職員ならびに生徒」を対象として、iCloudストレージが200GB分無料で提供されることが発表されています。

ニュース解説

iPadを使った授業を行うためのヒントやツールを、教師・講師に提供するものです。
これまでの「Everyone Can Code」は、プログラミング学習を支援するものでした。
「Everyone Can Create」では、ビデオや写真、音楽、スケッチなどのクリエイティブなスキルを教えられます。
安価な9.7インチiPadとApple Pencilの組み合わせが、教育現場で活かされそうです。
無料で提供されるiCloudストレージも、iPad導入を後押ししそうです。

Apple Storeで実施されているToday at Appleでは、教師向けのプログラム「Teacher Tuesdays」も定期的に開催中です。

AppleではiPadとMacを学習に取り入れている活用事例として、米国ワイルダー小学校の様子を伝える記事を公開しています。

タグ: , ,

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

おすすめのコンテンツ

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ
  • iPhone X用ケース・保護フィルムのレビュー集

PR