CopyTransの使い方-iPod,iPhone,iPod touchからiTunesに曲をコピー[記事広告]

このページでは、iPod,iPhone,iPad内のデータをバックアップできるWindowsソフト「CopyTrans」の使い方を紹介しています。

概要

PCの突然の故障、iTunesのデータが全て消えてしまった!
そんな時「CopyTrans」があればiPod, iPod touch, iPhone, iPadの音楽データをiTunesまたはお使いのパソコンに取り出すことができます。
音楽、動画、eBooks、ポッドキャスト(購読情報も含む)、ボイスメモ、着信音などをお持ちのiPodからiTunesまたはPCに転送します。
iTunesにインポートする際、プレイリスト、アートワーク、レートや再生回数といった全てのメタデータも一緒にインポートします。
開発元WindSolutionsの製品詳細:CopyTrans製品ページ

はじめに

CopyTransはiTunesの起動を押さえ、iPodとiTunesの同期を防ぐ機能があります。
CopyTransの指示がでるまで、iPodはパソコンに接続しないでください。

使い方

【1】 CopyTransをダウンロードします。

CopyTransダウンロード


【2】 ダウンロードしたexeファイルをクリックし、パソコンにインストールします。

インストール開始


【3】 「CopyTrans Control Center」というソフト一覧のパネルが起動しますので、「CopyTrans」をクリックしてください。CopyTransが起動します。

CopyTrans起動


【4】 CopyTransがiPodを接続するようメッセージを出しますので、従ってiPodをパソコンに接続してください。

ipod接続


【5】 CopyTrans上にiPod内の内容が表示されます。
  1. 全ての音楽データ
  2. カテゴリー
  3. プレイリスト
  4. スマートプレリスト

copytransスマートバックアップ


【6】 CopyTransにはiTunesトラックステータスを表示する機能があります。
どのトラックが既にiTunes内にあるのか、デバイス内のコンテンツと瞬時に比較、結果を表示します。
この機能でどのトラックがバックアップ必要かすぐ確認することができます。

各アイコンの説明です:

バックアップが必要 トラックはiTunes内にない。バックアップが必要

アップデートが必要 トラックはiTunes内にあるが、アップデートが必要。バックアップ推奨

バックアップ必要なし トラックはiTunes内にある。バックアップ不要

【7】 バックアップには2つの方法があります。
  1. スマートバックアップ:

    簡単に早くiTunesにバックアップしたい方向き。ボタンを押すだけでiTunesへのバックアップを開始します。
    CopyTransスマートバックアップ

  2. マニュアルバックアップ:

    バックアップ作業をコントロールしたい方向き。 何をバックアップしたいのか、どこにバックアップしたいのか、保存先にフォルダを指定などが可能です。
    CopyTransマニュアルバックアップ

【8】 バックアップ作業が終わったら、CopyTransからiPodの接続を解除してください。

ipod接続解除


【9】 CopyTransを閉じて、iTunesを開き、バックアップ内容を確認してください。
【10】 iPodとiTunesが同じ内容ならば、iTunesと同期させてOKです。

CopyTransの購入は

CopyTransは、メーカーのウェブサイトからダウンロード購入できます。
全てのiPod、iPod touch、iPhone、iPadモデル、MacフォーマットのiPodに対応しています。
価格2,680円です。
※250曲まで無料で試用できます。
CopyTrans製品ページ


詳細レビューのインデックスページに戻る