iPhone 4の本体を握ると電波状況が悪くなるからケースをつけた方がいい

Apple iPhone 4 Bumper

iPhone 4のケースの有用性に関する記事が、フォーカルポイントコンピュータ代表の恩田フランシス英樹氏のブログに掲載されています。
iPhone 4のアンテナとして機能しているステンレス製のフレームは、手で握ると電波効率を低下させてしまうとのこと。

フレームに直接触れないようにケースを装着することで、感度の低下を避けることができます。
アップルもiPhone 4のオプションとして、フレーム部分のみをカバーする「Apple iPhone 4 Bumper」を発売しています。
手で握ったときと離した時の信号強度の変化を、iLoungeの動画で確認できます。

6月25日追記:Engadget日本語版の記事、アップル、iPhone 4の「左手で持つとアンテナ減」は仕様も参照してください。
側面左下の黒い線を左手で覆うように握ると、感度が落ちることがあるとのこと。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください