【豆知識】iPhone/iPad/iPod touchのキーボードでスペースキーを長押しすると、カーソル移動用のトラックパッドに変わる(iOS 12)

iOS 12のキードード トラックパッド

iPhone/iPad/iPod touchの画面上のキーボードで、スペースキーを長押しすると、入力カーソルを移動できるトラックパッドに変わります。

iOS 12のキードードトラックパッド

これはiOS 12で追加された新機能です。
スペースキー(空白キー)を長く押していると、キーボードの文字が消えて、トラックパッドモードに変わります。
そのまま指を離さずにスライドさせると、パソコンのトラックパッドを操作するように、文字入力のカーソル位置を移動できます。

もともとは3D Touchの機能

このトラックパッド機能はもともと、はじめて3D Touch機能を搭載したiPhone 6sで追加されていたものです。
3D Touchを搭載したiPhoneでは、キーボード上を強く押すと、トラックパッドモードに変わります。

iOS 12から、スペースキーを長く押すと、同様の機能が使えるようになりました。

iOS 12のキードードトラックパッド

3D Touchを搭載していないiPhone SEやiPod touch、iPad、iPhone XRでも利用できます。

iOS 12アップデートのリリースノートには
“3D Touchに対応していないデバイスで、スペースキーを長押ししてキーボードをトラックパッドに変更可能”
と記載されていますが、3D Touchを搭載したiPhoneでも同じく機能します。

公式サポート情報

関連する豆知識

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS