iをありがとう

メニュー

  • iPhone 7用ケースの一覧カタログ

【レビュー】進化をとげ満を持して登場した、iPhone 5/5s用ハイブリッドケース「SPIGEN SGP ネオ・ハイブリッド」

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド

SPIGEN SGPの「ネオ・ハイブリッド」と言えば、ソフトケースとハードフレームの2重構造で、iPhone 4/4Sの頃から人気のシリーズです。
「ネオ・ハイブリッド」は背面がカバーされたケース型で、「ネオ・ハイブリッドEX」は背面がオープンになったバンパー型です。
iPhone 5用には、バンパー型の「ネオ・ハイブリッドEX」と、薄く改良された「ネオ・ハイブリッドEXスリム」が発売されていましたが、背面がカバーされた「ネオ・ハイブリッド」はリリースされていませんでした。

このたびようやくiPhone 5用にも、背面が覆われた「ネオ・ハイブリッド」が発売されました。
iPhone 5sにも対応しています。
ハイクオリティのSPIGEN SGP製品の、さらに進化した驚きの品質を紹介します。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ 全6色のカラーバリエーションで、それぞれフレームパーツの色が異なります。
どれもインナーケースはブラックです。
今回は白いフレームの「インフィニティ・ホワイト」をお借りできました。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ TPU製のインナーケースと、ポリカーボネート製フレームの2重構造です。
従来はインナーケースにシリコーン素材が使用されていましたが、ホコリを吸着しにくいTPUに変更されています。
これまでの「ネオ・ハイブリッド」シリーズは、ボリュームボタンとスリープボタンは、インナーケースのソフト素材で覆われていました。
このiPhone 5用では、外部フレームと一体化したプラスチック製のボタンパーツに変更されています。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ TPUケースの内側には、衝撃吸収性を高める凹凸のパターンが施されています。
これもiPhone 4/4S用には無かった、新しい要素です。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ iPhoneにTPUケースを被せたら、上側面からゆっくりと外部フレームを取り付けていきます。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ iPhoneに装着したところ。
奇をてらわないシンプルなデザインなのに、スタイリッシュに仕上げるSPIGENの真骨頂が見えます。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ 前面は大きく開けられています。
インナーケースはブラックですが、ホワイト&シルバーのiPhoneにもマッチしています。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ スリープスイッチ部分には、プラスチック製のパーツが使われていて、押しやすいです。
ツヤのあるガンメタル色の塗装が施されていて、奇麗で高級感もあります。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ ボリュームボタンの仕上げも、スリープスイッチ部分と同じです。
消音スイッチの開口部は縦長に取られており、スイッチの位置が微妙に異なるiPhone 4と4Sに対応したケースを彷彿とさせます。
実際に使ってみるとこの縦長の開口部は、親指の先を入れやすく、小さな穴よりもスイッチの切り替えがしやすいです。
使い勝手を考慮した設計であることに気づき、感心させられました。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ Lightning端子側も、デザインと機能を考慮した細かい設計が施されています。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ Lightning端子の開口部は、大きめ開けられています。
アップル純正の5種類のアダプタのうち、幅の広い「30ピンアダプタ」以外の4種類を接続できました。
ヘッドホン端子には、Jawbone UPも接続して同期できます。

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド
▲ ブラック、ホワイト、オレンジの、3色のホームボタン用シールが、iPhone 5用として付属しています。
私はふだんは付属シールを使わないのですが、このネオ・ハイブリッドには似合いそうなので貼ってみると、見事にマッチしました。
ボタンの操作性もよくなり、気にいっています。

※ 2013年10月にリリースされたシャンパン・ゴールド版には、ホームボタン用シールは付属していませんでした。
付属品はロットにより異なるかもしれません。

まとめ

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド

スタイリッシュなデザイン、TPUに変更されたインナーケース、プラスチックパーツを使ったボタン、広く取られた消音スイッチとLightning端子部など、多数の特筆すべき進化をとげています。
ソフトケースとハードフレームの2重構造は、保護性能も期待でき、さらに衝撃吸収性を高める凹凸のパターンも採用されています。
保護フィルムが同梱しないためなのか、2,000円台後半と買いやすい価格に抑えられているのもうれしい。
メーカーのこだわりと製造技術の高さ、センスの良さに感動すらおぼえる、完成されたケースです。

SPIGEN SGP 直販サイトなどで販売中で、価格は各2,835円です。
製品販売ページ

2013年10月に追加発売された、シャンパンゴールド版のフォトレポートはこちら

SPIGEN SGP iPhone 5 ケース ネオ・ハイブリッド

タグ:

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
iPhone5ケースやカバーなどの専門店 - SHOWCASE Online

最近のニュース記事