iをありがとう

メニュー

  • iPhone 8用ケースの一覧カタログ

【レビュー】iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge:シリコン製フレームで湾曲面もカバーできるガラスフィルム

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge

iPhone 6用の「PATCHWORKS ITG Edge – Impossible Tempered Glass」をレビューします。
シリコン製フレームでガラス湾曲部分もカバーできる、ガラス製の液晶保護カバーです。

iPhone 6/6 Plusの湾曲形状のために、平面のガラスフィルムでは、ガラス全体を保護できません。
平面のガラスで保護しようとすると、湾曲部分が粘着せずに、浮きが発生してしまいます。
その浮きを隠すために、フレーム部分に色を付けたものが多数リリースされています。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge

この製品「ITG Edge」は、ガラスのフチにシリコン素材を接合し、このシリコン製のフレームで湾曲部分を守ります。
全体がガラスの色付きフレームタイプは、ガラスのフチがはみ出ているために、ぶつけたときに割れやすいという弱点があります。
この「ITG Edge」はフレーム部分がシリコンなので、角から落としたりしても割れにくいという特性があります。
製品の開発に関するエピソードが、マイナビニュースに掲載されています。
究極のiPhone 6用ガラスフィルムはいかにして生まれたのか – 開発会社PATCHWORKS・CEOのShim Kun Hee氏に聞いた | マイナビニュース

貼り付け方法

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 製品には、ウェットタイプのクリーニングクロスと、ホコリ除去シールが付属しています。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 平面のガラスのフチに、シリコン素材が接合されています。
この構造を実現するのは、簡単ではなかったようです。
日本の医療メーカーとの共同で、ガラスのフチを医療用液状シリコンで囲う技術「ガラスサラウンディングテック」を開発したとのこと。
ブラックとホワイトの、2色のカラーバリエーションがあります。
ここではスペースグレのiPhone 6に貼り付けるために、ブラックを使用しています。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ シリコン製のフレームは、iPhoneの湾曲面に密着するように丸まっています。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ シリコンの部分には粘着力はありません。
粘着面の剥離シートは、ガラス面にのみ貼られています。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 貼り付ける前にiPhoneに重ねてみて、仕上がりイメージを確認します。
どこを目印に位置合わせするかなどを決めておきます。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 付属のクリーニングクロスで、ガラス面の汚れやホコリを除去します。
このクロスは、使い捨てのウェットタイプです。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ つぎにガラス全体にホコリ除去シールを貼り付けて、ホコリを取り除きます。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 剥離シートを剥がして、ガラスの上に載せます。
軽く押さえるだけで、染みが広がるように密着していきます。

貼り付け位置はシビアです。
少しでもズレると、ガラスの透明部分とiPhoneの湾曲部分が重なり、フチに気泡が入ったように見えます。
もしホコリが入ったり、位置がズレたりしたら、一旦剥がして貼り直しましょう。
剥がす際には、フチのシリコンをつかんで持ち上げると、シリコンが裂けたり剥がれたりします。
奥のガラス部分をツメで持ち上げるようにしてください。
粘着面に付いたホコリは、セロハンテープで除去してください。

貼り付け方法は、YouTubeでも公開されています。

使用感

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ iPhone 6のスペースグレイモデルに貼り付けたところ。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ フチの丸まったシリコン製フレームが、iPhoneの湾曲ガラスにぴったりとフィットしています。
iPhoneの丸みをおびたフォルムの、ほぼそのままです。

iPhoneのガラスの湾曲には、個体差があることが知られています。
ロットにより、湾曲形状にかなり差があるようです。
「ITG Edge」は柔軟性のあるシリコンを使うことで、この個体差を吸収してフィットします。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ ホームボタンの下はU字型に切り取られていて、カバーされていません。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 画面上部の環境光センサー、近接センサーのまわりは、シリコンでふちどられています。
電話受話口部分は、ガラスが穴あけ加工されています。
FaceTimeカメラは、ガラスで覆われています。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ ITGシリーズは、iPhone用ガラスフィルムの中でも、かなり初期からリリースされているシリーズです。
ガラスの質感には定評があります。
このITG Edgeも指滑りがよく、液晶の発色もよく見えます。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ シリコン部分には粘着力がありません。
ツメで持ち上げると、めくれます。
通常使用時にはiPhoneにフィットしていて、めくれることはありません。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ フチの部分は、マットなシリコン素材です。
ツヤツヤのガラスに対しては、見た目はやや違和感があります。
ブラックは使っているうちにホコリが付着し、白くくすんで見えてきます。
ホワイトはポケットに入れて持ち歩くと、デニムの色などが移る可能性があります。
品質のよい医療用シリコンなので、経年による色の変化は起こりにくいとのこと。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ ケースとの併用について。
フチがiPhoneのガラス面にも被る製品は、ほぼ干渉します。
ただしITG Edgeのシリコン製フレームに柔軟性があるために、問題なく使える場合もあります。
写真は純正シリコンケースと併用したところ。
ITG Edgeのシリコン製フレームのフチもカバーするように装着できました。

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge
▲ 色付きフレームで湾曲部分をカバーするタイプのガラスフィルムは、ほとんどがケースとの併用を推奨しています。
ガラスのフチが湾曲部分よりもはみ出ているために、ぶつけたり落としたりすると割れやすいためです。
このITG Edgeはフチがシリコンなので、角をぶつけても割れにくいです。
もし破損しても、SHOWCASEオンラインストアとSHOWCASE秋葉原で購入した場合は、永久保証により交換してもらえます(要登録)。

まとめ

iPhone 6用PATCHWORKS ITG Edge

このために研究開発された技術を使った、独自構造のガラスフィルムです。
フチに接続されたシリコン素材が、iPhoneの湾曲にぴったりフィットし、全体を保護できます。
ほかの全体保護ガラスフィルムとは異なり、角をぶつけても割れにくい構造です。
シリコンの縁取りにより、見た目と手触りにはクセがあります。
iPhoneのガラス面全体の保護と、ガラスフィルム自体の割れにくさも備えた、ユーザに優しい製品です。

iPhone 6用「PATCHWORKS ITG Edge – Impossible Tempered Glass」は、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込各3,780円です。

SHOWCASE Online(本店のみ)とSHOWCASE秋葉原で購入した場合は、永久保証サービスを受けられます(要会員登録)。
たとえば誤って落として破損してしまった場合でも、新品に交換してもらえます。

タグ:

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
Patchworks | Premium Mobile Accessories

最近のニュース記事