iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ

【レビュー】Twelve South HiRise for Apple Watch:純正充電ケーブルを組み込んで使う、Apple Watch用充電スタンド

Twelve South HiRise for Apple Watch

「Twelve South HiRise for Apple Watch」をレビューします。
アップル純正の「Apple Watchマグネット式充電ケーブル」を組み込んで使う、充電用スタンドです。
Apple Watchのモデルや、38mm・42mmのサイズを問わず使用できます。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ 製品は組み立て式です。
充電ケーブルを組み込みながら、組み立てます。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ まず台座とスタンド部分を、付属のビスで固定します。
組み立て用レンチと、予備のビスも同梱されています。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ それから「Apple Watchマグネット式充電ケーブル」を取り付けます。
「Apple Watchマグネット式充電ケーブル」には、端子が金属製とプラスチック製の2種類があります。
Apple Watch(標準モデル)に付属しているのと、ケーブル単品で販売されているのは、金属製のタイプです。
Apple Watch Sportに同梱されているのは、白いプラスチック製です。
2種類で端子の厚みが若干異なりますが、どちらのタイプでも使用できます。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ マグネット端子を丸い穴に入れてから、溝にケーブルを通していきます。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ 最後にフタを被せれば完成です。
フタはプラスチック製です。
出張・外泊などでケーブルを持ち運びたいときにも、フタを開ければ簡単にケーブルを外せます。

メーカー公式の解説動画も載せておきます(48秒)。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ USB – ACアダプタと接続すれば、充電台として使えるようになります。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ シンメトリーのシンプルなデザインです。
シルバーとブラックの、2色のカラーバリエーションが用意されています。
このページで使用しているのはシルバーです。
スタンド部の中央には、メーカーTwelve Southのロゴ(「12」で描かれた矢印が南を指している)が刻印されています。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ 底部の全体に、滑り止めのウレタンシートが貼られています。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ 横から差し込むようにApple Watchを取り付けます。
どっしりとしていて安定感があるので、片手でApple Watchを載せたり外したりできます。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ スポーツバンドのApple Watchを載せたところ。
急角度ですが、充電ケーブルのマグネットでぴたっと吸着します。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ バンドは開いた状態でも、ループ状に閉じた状態でも載せられます。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ ミラネーゼループのApple Watchを載せたところ。
金属のバンドが傷つかないように、コの字型の切り込み部分と上部に、ラバー素材が貼られています。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ 組み立て時のフタに相当する部分には、レザーのような質感のシートが貼られています。
金属同士が接触して、バンドが傷つくのを防ぐものです。

Twelve South HiRise for Apple Watch
▲ 秋に公開予定のApple Watch用新ソフトウェア「watchOS 2」では、新たに「ナイトスタンドモード」が搭載されることが発表されています。
Apple Watchを横向きに置いて充電すると、画面が回転して、置き時計のように機能するものです。
アラームが鳴ったときには、サイドボタンでオフ、デジタルクラウンを押すとスヌーズします。
この「HiRise」は横向きにも吸着するので、ナイトスタンドモードも使えそうです。
ただしサイドボタン・デジタルクラウンを押すときに、Apple Watchがズレ落ちる可能性があります。

まとめ

Twelve South HiRise for Apple Watch

充電スタンドがあると、手で充電ケーブルを接続する手間が省けて便利です。
ケーブルの端子が、デスクやテーブルの上に散らかったり、落下して見失うこともありません。

この「HiRise」の特徴としては、重量感があり、安定していて使いやすいです。
アップル製品に似合う、シンメトリーでシンプルなデザインです。
ケーブルを中に通して後ろから出す構造で、ケーブルが目立たず奇麗に見えます。
ミラネーゼループやリンクブレスレットといった、金属製バンドが傷つかないように配慮もされています。
価格は高めですが、それに見合う安定感・高級感も備えた製品です。

「Twelve South HiRise for Apple Watch」は、以下のオンラインショップで購入できます。
シルバーとブラックの、2色のカラーバリエーションが用意されています。
価格は税込各7,344円です。

タグ: ,

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
Patchworks | Premium Mobile Accessories
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

最近のニュース記事