iをありがとう

メニュー

  • iPhone 7用ケースの一覧カタログ

【レビュー】SpigenのiPhone 6sケース「Spigen ネオ・ハイブリッド」シリーズ3種(オリジナル/カーボン/EX)

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

SpigenのiPhone 6/6s対応ケース「ネオ・ハイブリッド」シリーズをレビューします。
TPU製のインナーケースと、ポリカーボネート製のフレームによる、二重構造のケースです。

「ネオ・ハイブリッド」シリーズには、以下の3種類がラインナップされています。

  • ネオ・ハイブリッド:滑りにくいパターンが施された通常盤
  • ネオ・ハイブリッド カーボン:カーボン調のパターンが施されたタイプ
  • ネオ・ハイブリッド EX:TPU製インナーケースがクリア

各製品には互換性があり、フレームパーツを流用できます。

「ネオ・ハイブリッド」「ネオ・ハイブリッド EX」は従来から発売されていますが、iPhone 6sの発売に合わせて、仕様変更・リニューアルされています。
2014年発売の従来品とは、互換性がありません。
iPhone 6 Plus/6s Plus用もあります。
このページでは、メーカーから評価用に提供いただいたものを使用しています。

以下に「ネオ・ハイブリッド(オリジナル)」「ネオ・ハイブリッド カーボン」「ネオ・ハイブリッド EX」を、順に紹介します。
ボタンの使い勝手などの共通する部分は、オリジナルの項目で解説します。

ネオ・ハイブリッド(オリジナル)

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 背面にザラザラのパターンが施された、デザインとしてはシンプルな通常版です。
製品名は単に「ネオ・ハイブリッド」ですが、シリーズの他の製品と区別するために、ここでは仮に「オリジナル」としています。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ TPU製インナーケースと、ポリカーボネート製フレームの2重構造です。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 装着方法は、シリーズ共通です。
装着するにはまず、柔軟性のあるインナーケースをiPhoneに被せます。
それからポリカーボネート製フレームを、背面の底部側から装着します。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ iPhoneに装着したところ。
広い背面にパターンを施すことで、引き締まって見えます。
フレームの色が異なる3色のカラーバリエーションで、ここでは「サテンシルバー」を使っています。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 背面の格子状のパターンは、小さな十字の出っ張りが敷き詰められたものです。
凹凸が滑り止めの効果を生んでいます。
シリーズの3製品の中で、このオリジナルが最も滑りにくく感じました。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ ここからはシリーズに共通する仕様の説明です。
前面は大きく開けられていて、画面端からの3D Touchによるアプリ切り換えも可能です。
フチの部分は前面に出ているので、画面を下向きに置いても、ガラスが接触することがありません。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ ボリュームボタンには、メッキ仕上げのプラスチック製パーツが使われています。
カチカチと快適に操作できます。
消音スイッチ部分は穴が深いので、ツメの先で切り替える必要があります。
広めに開けられていて、親指のツメでも操作できます。
消音スイッチまわりは、2014年に発売されたモデルでは、フレームパーツが細くて折れることがあったようです。
2015年モデルでは、開口部を囲うように補強されています。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ スリープボタンも、ボリュームボタンと同じ仕上げです。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 背面は、飛び出たレンズを守れる程度の厚みがあります。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ ヘッドホン端子とLightning端子の開口部は、太めの端子も接続できるように、ゆとりを持って開けられています。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ アップル純正アダプタ5種と、iPhone Lightning Dockの接続チェック。
幅広で短い「Lightning – 30ピンアダプタ」(写真右端)以外は、すべて使用できました。
(iPhone 6/6s用で検証)

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ このシリーズはどれも、インナーケースとフレームの一体感が見事です。
異なる素材を使ったパーツにも関わらず、隙間や段差がなく、滑らかな曲面を描いて繋がっています。

ネオ・ハイブリッド カーボン

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 上記の「オリジナル」とデザイン違いなのが、この「ネオ・ハイブリッド カーボン」です。
背面の一部に、カーボン調のパターンが施されてています。
ここで使用しているのは「ガンメタル」カラーです。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ タフケースのような背面のデザインは、すべてTPUケースの造形によって表現されたものです。
カーボン調の部分も、シールなどを貼って処理したものではなく、ケースに施されたテクスチャです。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ Spigenから今年発売された、「ラギッド・カプセル」「タフ・アーマー テック」と、同じ系統のデザインが採用されています。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ オリジナル(写真右)と比較すると、この「カーボン」はすべすべした手触りで、若干滑りやすく感じます。
デザインは「カーボン」を見たあとだと、オリジナルが地味に感じてしまいます。
前面の外観や各部の仕様は、オリジナルと同じです。

ネオ・ハイブリッド EX

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 「ネオ・ハイブリッド EX」は、従来は背面が開いたバンパー型でした。
今回は、クリアのインナーケースで背面が覆われたケース型に変更されました。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ ここで使用しているのは「ローズゴールド」色です。
iPhoneの背面を見せつつ、アルミ筐体を傷や衝撃から守ることができます。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 前面の外観。
ほかの「ネオ・ハイブリッド」シリーズと異なり、インナーケースのフチが透明です。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ クリアのインナーケースの内側に、小さなドットが敷き詰められています。
これは本体と密着して、染みのように見えるのを防ぐためと思われます。
このドットは、iPhoneに装着すれば目立たなくなります。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ iPhoneのローズゴールドによく似合い、3種の中ではいちばん上品に見えます。
ただクリアのTPU素材は、長く使うと変色してきます。
インナーケース全体が、変色して汚れて見えてくる恐れがあります。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ iPhoneのスペースグレイモデルに装着してみました。
やはりローズゴールド色は、ローズゴールドのiPhoneに似合います。
サラサラした手触りの「カーボン」よりも、透明の「EX」の方が、グリップ感が高く滑りにくいです。

フレームパーツは互換性あり

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 3種類で、フレームパーツに互換性があります。
違う色を買えば、付け替えて「着せ替え」を楽しむことができます。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ ローズゴールドのフレームは、「オリジナル」にも「カーボン」にも似合いました。
いまのところフレーム部分やインナーケースのみの単品販売はされていません。

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

▲ 2014年モデルの「ネオ・ハイブリッド」「ネオ・ハイブリッド EX」と、2015年モデルには互換性がありません。
2014年モデル(赤い方)は、消音スイッチまわりが直線状です。
2015年モデルは、穴を囲うようにアウターフレームが補強されているので、見分けがつきます。

まとめ

iPhone 6sケース Spigen ネオ・ハイブリッド

人気の「Spigen ネオ・ハイブリッド」シリーズの、iPhone 6s発売に合わせて投入された、さらに進化したバージョンです。
デザイン性とクオリティが高く、二重構造で保護性能も期待できます。
細かい使い勝手にも配慮され、使いやすさも秀でています。

3種類それぞれの長所・短所を上げると、

ネオ・ハイブリッド(オリジナル)

  • ○:滑りにくい。ほかよりも価格が安い
  • ×:デザインが地味

ネオ・ハイブリッド カーボン

  • ○:凝ったデザイン、造形
  • ×:ほかと比較して若干滑りやすい

ネオ・ハイブリッド EX

  • ○:背面がクリアで、iPhone本体を見せられる
  • ×:クリアのTPUは変色の恐れがある

私が気にいったのは、かっこい「カーボン」と、本体のローズゴールド色を見せて自慢できる「EX」です。
後追いで似たような製品が他社から出る中で、さらに先を行くSpigenの優れたセンスと技術を見せつけられた製品です。

「ネオ・ハイブリッド」シリーズは、以下のオンラインショップで購入できます。
iPhone 6/6s用と6 Plus/6s Plus用の2サイズがラインナップされています。

iPhone 6/6s用

iPhone 6 Plus/6s Plus用

タグ:

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
iPhone5ケースやカバーなどの専門店 - SHOWCASE Online

最近のニュース記事