iをありがとう

メニュー

  • iPhone 8用ケースの一覧カタログ

【編集後記】iPhone発表10周年を前に、iOS 10のホーム画面では「メール」と「メッセージ」の位置がはじめて入れ替わった

iPhoneがこの世界に発表されてから、間も無く10周年を迎えようとしています。

今年リリースされたiOS 10では、時代の流れを感じさせる、ある変更が行われました。
ホーム画面で、「メール」と「メッセージ」アプリの位置が入れ替わったのです。

iPhoneのホーム画面

これはユーザがアプリの位置を変えていない、デフォルトの状態の話です。
バックアップから復元すると、それまで使っていた並び方が継承されるので、気づかなかった方も多いかもしれません。

iPhoneのホーム画面

初代iPhoneからずっと、現在の「メッセージ」に相当する「SMS」アプリはホーム画面の左上にあり、「メール」アプリは画面下部のDockに収まっていました。
それがiOS 10のiPhoneでは位置が入れ替わり、「メール」が左上に移動し、「メッセージ」がDockに入りました。
(iPadではiOS 7から、「メッセージ」と「写真」の位置が入れ替わり、Dock上に「メール」と共存しています)

Eメールや個人のメールアドレスは今後も重要であり、「メッセージ」などのチャットツールで代替するのは難しいでしょう。
しかしiPhone/スマートフォン上で行うコミュニケーションとしては、メールよりもSMSやLINEの方が、利用頻度が高くなっているようです。
AppleもiOS 10では、iMessageの機能強化に力を入れており、目玉機能に据えています。

10年前の初代iPhoneの発表を思い返してみると、スティーブ・ジョブズは

  1. タッチ操作のワイド画面iPod
  2. 革新的な携帯電話
  3. 先進的なインターネットコミュニケーションデバイス

の、まったく新しい3つデバイス=実はひとつの製品としてお披露目しました。

Macworld San Francisco 2007

(Podcast「Macworld San Francisco 2007 Keynote Address」より)

当時はこの「インターネットコミュニケーター」という部分にだけ、イメージがわかずピンときませんでした。
しかし現在ではiPod機能よりも、iPhoneの重要な面を担っています。
もしかしたら、電話機能よりも。

Macworld San Francisco 2007

ひとによってDockに入れているアプリは、LINEやFacebookメッセンジャーだったり、Twitterだったり、「メール」のままだったりするでしょう。
いずれにしろ、iPhoneを「インターネットコミュニケーター」として使っていることに変わりはありません。
iPhoneの登場が、このようにインターネットを介したコミュニケーションの方法も変えてしまうことも、ジョブズには見えていたのかもしれません。

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
iPhone5ケースやカバーなどの専門店 - SHOWCASE Online

最近のニュース記事