iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ

【レビュー】パワーサポート エアージャケット for iPhone X

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

パワーサポートのiPhone X用「エアージャケット」をレビューします。
薄型のポリカーボネート製ハードケースです。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ iPhone用の薄型ハードケース「エアージャケット」シリーズの、最新版となるiPhone X用です。
従来品は液晶保護フィルムやクリーニングクロスが付属する「エアージャケット セット」として販売されていました(Apple限定品を除く)。
iPhone X用には付属品は無く、商品名からも「セット」が外れています。
従来品と同じく日本製です。

かつてパワーサポートは、噂・リークを基にiPhoneケースを設計しないと宣言していました。

リーク情報は信頼できず、実機で採寸しないと精密なケースは作れないためです。
そのため従来の「エアージェケット」シリーズも、iPhoneの発売後に、しばらく経ってからリリースされていました。
今回のiPhone Xについては、iPhone 8/8 Plusが発売された9月時点で、Appleが公式の図面を公開しました。

この公式図面を基に設計したのか、iPhone X用のエアージェケットは、iPhone本体と同時発売されることになりました。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ 以下の4色のカラーバリエーションが用意されています。

  • クリア:無色透明
  • クリアブラック:スモーク調の透明
  • ラバーブラック:黒い不透明
  • クリアマット:つや消しの半透明

クリアとクリアブラックは、軽度の傷を自己修復するコーティング「セルフリペアコート」が施されています。
ラバーブラックとクリアマットは、ラバーコーティング仕上げのマットな質感です。
このページでは「クリアブラック」を使用しています。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ iPhoneを左上(消音スイッチのある側)、右上、下側の順にはめ込んでいきます。
従来品のエアージャケットよりも、スムーズに着脱できる印象です。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ iPhone Xのスペースグレイモデルに、クリアブラックのエアージャケットを装着したところ。
iPhoneの黒いボディとスモーク調のケースがマッチして、自然な仕上がりです。
つなぎ目のない、なめらかな造形で、何も着けていないようにも見えます。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ 前面は広く開けられています。
画面の端からのスワイプ操作も妨げません。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ ケースのエッジは、ほんのわずかに、画面よりも高く設計されています。
これにより、iPhoneを下向きに置いてもガラスを守れます。
iPhone 7/8用はガラスとツライチだったので、保護性能が向上しています。
ポリカーボネートのエッジが指に触れますが、なめらかに成形されているためか、痛くありません。
前面の右下と左下は、着脱しやすいように削られた形になっています。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ 背面は、突き出たカメラレンズを守れる厚みがあります。
iPhone 7/8用は背面が薄く、レンズの厚みを解消できていませんでしたが、iPhone X用では解決しています。
開口部の造形も美しく、レンズ周りが自然に見えます。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ 背面はiPhone本体と密着しないように、コンマ数ミリの隙間が設けれています。
空間があるので、背面を押すとわずかにペコペコ沈みます。
メーカーでは、この空間で落下時の衝撃を軽減する「フロート・エフェクト」と解説しています。
iPhoneとケースが密着して、「にじみ(干渉縞)」が発生するのを防ぐ効果もあります。
「エアージャケット」はiPhone 3G/3GS用の初代モデルから、この「にじみ」問題がつきまとってきました。
これが遂に解消されたことになります。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ その「フロート・エフェクト」のために、ケースには若干の「遊び」があります。
握ったときに、側面がペコペコ沈む感触があります。
操作に支障はなく、それほど気になりません。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ 「フロート・エフェクト」で背面に隙間があっても、ワイヤレス充電に対応しています。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ 消音スイッチと音量ボタンは、穴あけ加工されています。
開口部が狭くても、ケースが薄いので操作しやすいです。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ サイドボタンも穴あけ加工で、押しやすい作りです。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ Lightning端子の開口部は、着脱時の柔軟性を確保するために、前面と繋がっています。
iPhone 7/8用よりも、端子の開口部が若干広くなりました。

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

▲ Apple純正のLightningアダプタなど13種が、接続できるかチェックしました。
幅広で短い「Lightning – 30ピンアダプタ」(写真右上)だけ使えませんでした。
iPhone 7/8用では使えなかった「Micro USBアダプタ」も刺さるようになっています。

  • EarPods with Lightning Connector:OK
  • Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ:OK
  • Lightning – 30ピンアダプタ:×
  • Lightning – 30ピンアダプタ(0.2 m):OK
  • Lightning – Micro USBアダプタ:OK
  • Lightning – Digital AVアダプタ:OK
  • Lightning – VGAアダプタ:OK
  • Lightning – USBカメラアダプタ:OK
  • Lightning – USB 3カメラアダプタ:OK
  • Lightning – SDカードカメラリーダー(旧・MD822ZM/A):OK
  • Lightning – SDカードカメラリーダー(新・MJYT2AM/A):OK
  • Lightning – USB-Cケーブル:OK
  • iPhone Lightning Dock:OK

まとめ

パワーサポート エアージャケット for iPhone X

メーカーでは『設計・構造をゼロから見直し、まったく新しい“エアージャケット”を開発』したと謳っています。
確かに、従来品にあった様々な不満点が解消され、進化を感じさせます。
具体的には、

  • にじみの発生解消
  • エッジが高くなり、前面ガラスも保護できるように
  • カメラレンズの出っ張り解消
  • Lightning端子開口部の拡大
  • 着脱が従来より容易に(他社製よりは相変わらず難しい)

が挙げられます。

「フロート・エフェクト」による遊びを嫌う意見もあるようですが、私は気になりませんでした。
メーカーのいう通り、これにより耐衝撃性も向上しているのなら、メリットの方が大きいです。
設計が変更されても、クオリティの高さは従来通りです。
クリアケース派の方には決定版とも言える製品です。

パワーサポートの「エアージャケット for iPhone X」は、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込2,680円(税別2,481円)です。

タグ: , ,

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
Patchworks | Premium Mobile Accessories
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

最近のニュース記事