iをありがとう

メニュー

  • iPhone X用ケース・保護フィルムのレビュー集

【豆知識】Appleの「WWDC」アプリを入れると、専用のiMessageステッカーが使える

WWDCステッカー

WWDC」アプリをiPhone/iPadに入れると、Apple公式のアイコンなどがデザインされたiMessageステッカーが使えるようになります。

WWDCアプリ

iOSアプリ「WWDC」は、米国で開催されたAppleによる開発者向けイベント「WWDC」の専用アプリケーションです。
セッションのビデオを見たり、スケジュールをチェックできるものです。
開発者登録をしていない一般ユーザでも利用できます。

このアプリケーションには、iMessageで使えるステッカーが付属しています。

WWDCステッカー

アイコンや絵文字、アニ文字など、21種類のステッカーが収録されています。

WWDCピンズ

ステッカーは、WWDC会場で参加者に配布されている、金属製のピンズ(上の写真は2017年版)を模したデザインになっています。
「WWDC」アプリの2017年バージョンからステッカーが収録されており、2018年版はラインナップが変わっています。

ステッカーを利用するには「WWDC」アプリのインストール後に、「メッセージ」アプリの入力欄からAppパネルを開いて、有効化する必要があります。

余談

いぬうし

2018年のピンズに採用され、ステッカーにもなっているDogcow(いぬうし)は、Clarus(クラウス)とも呼ばれているキャラクターです。
Mac OS X以前の、かつてのMac OSに収録されていました。
初期のMacのアイコンを手がけ、Dogcowの生みの親でもあるスーザン・ケアさんは、ピンズのデザインがオリジナルと異なると指摘しています。

オリジナルのDogcowは、Appleが公開しているiMessageステッカー「Classic Mac」(下の画像)に収録されています。

Classic Macステッカー

公式サポート情報

関連する豆知識

タグ:

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~
AnyTrans for iOS

おすすめのコンテンツ

  • iPhone X用ケースの一覧カタログ
  • iPhone X用ケース・保護フィルムのレビュー集

PR

最近のニュース記事