【豆知識】iPadの消音スイッチは、画面の回転ロックスイッチとしても使える

iPadの消音スイッチは、画面の回転ロックスイッチとしても使える

iPadのボリュームボタンの脇にある消音スイッチは、画面の回転をロックするスイッチとして使用できます。
「設定 > 一般 > 本体横のスイッチの機能」で、「画面の向きをロック」か「消音」に切り替えられます。

iPadの消音スイッチは、画面の回転ロックスイッチとしても使える

「画面の向きをロック」を選べば、姿勢により意図せず画面が回転しないようにロックしたり、ロックを解除したりできるようになります。

この設定により、ホームボタンをダブルクリックして現れる「マルチタスクバー」の左端にあるボタンの機能が、連動して変化します。
本体横のスイッチの設定が「消音」の場合は、マルチタスクバーのボタンは「画面の向きをロック」ボタンとして機能します。
本体横のスイッチの設定を「画面の向きをロック」にした場合は、マルチタスクバーのボタンは「消音」ボタンになります。

iPadの消音スイッチは、画面の回転ロックスイッチとしても使える

このスイッチの名前は?

アップル公式のマニュアルに記載されている、このスイッチの正式名称は「本体横のスイッチ」(英語ではSide Switch)です。
消音スイッチとしても、回転ロックスイッチとしても使えることから、このような漠然とした名前になっています。

アップデートで変化したスイッチの機能

iPadの発売当初、このスイッチは「画面の向きをロック」用のもので、消音の機能はありませんでした。
iOS 4.2で、このスイッチは「消音」スイッチに変更されました。
おそらくiPhoneとの操作性の統一をはかったものと思われます。
iOS 4.3から、スイッチを「画面の向きをロック」と「消音」の好きな方に設定できるようになりました。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください