【豆知識】あまり使わないデバイスでも、月に一度充電・放電してバッテリーをメンテナンスする

iPhoneの充電画面

iPod/iPhone/iPadには、繰り返し使用できる充電池「リチウムイオンポリマーバッテリー」が搭載されています。
リチウムイオン電池は、無限に使用できるわけではなく、充電を繰り返すうちに、寿命がきて使用できなくなります。
iPod/iPhoneの場合は400回、iPadの場合は1000回、フル充電/放電を繰り返すと、本来の電池容量の80%までしか充電できなくなるとされています。

充電池の寿命(耐用年数)は、使い方により変わります。
定期的に使用することで、充電池をメンテナンスできます。
あまり使わなくなったデバイスでも、毎月1回は充電・放電することが、アップルにより推奨されています。

アップルのバッテリー解説ページでは、毎月1回の電池メンテナンスを忘れないように、MacやiOSのカレンダーに充電予定を登録できるスケジュールデータ(icsファイル)が配布されています。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください