【豆知識】店舗のApple StoreでiPhoneだけで簡単に買い物できる「EasyPay」

Apple Store

アップルのiOSアプリケーション「Apple Store」は、Apple公式サイトでの買い物ができるほか、全国7店舗のApple Store(Apple Retail Store)で利用できる、さまざまな機能が搭載されています。
そのひとつが、iPhoneで店頭の商品を買い物できる「EasyPay」です。

iPhoneのカメラで、店頭の商品のバーコードをスキャンします。
Apple IDに登録してあるクレジットカードで、その場で支払いを済ませて、商品を持ち帰れます。
レジを通す必要も、スタッフに声をかける必要すらもありません。
以下で詳しく、買い物の仕方を紹介します。

アプリケーション「Apple Store」は、GPSでApple Storeに居ると検知されたときにだけ、特別なメニュー画面が表示されます。
EasyPay
メニューから「EasyPay」を選びます。

はじめにEasyPayの使い方の解説画面が表示されます。
EasyPay

EasyPayで購入できるのは、アップル純正品などのアクセサリ類です。
画面の指示にしたがい、商品パッケージのバーコードを、カメラでスキャンします。
EasyPay EasyPay

商品が検出され、Apple公式サイトの商品情報やレビューを確認できます。
EasyPay
価格のケタが大きくてビックリしそうですが、税込2,800円00銭です。
実際に購入に至らなくても、店頭の商品をいろいろスキャンして、情報を見てみるだけでも面白いと思います。

「購入」を選ぶと、Apple IDのパスワードを求められるので、入力します。
EasyPay

クレジットカード裏面に記載されている、セキュリティコードを求められる場合があります。
EasyPay
初めて使う場合、久しぶりに使う場合、メールアドレスを変更したあとなどに、セキュリティコードの入力が必要になる場合があるとのこと。
EasyPayを利用するつもりでいても、念のためにクレジットカードも持参した方が無難でしょう。

支払いが完了します。
すぐにメールでレシートが送られてきます。
EasyPay

スタッフに声をかける必要も無く、商品をそのままカバンに入れるなり、手に持つなりして、持ち帰れます。
ストアのスタッフが持つ端末で、EasyPayでの購入があったことが確認できているため、万引きに間違えられることはないようです。
スタッフに申し出れば、持ち帰り用のショッピングバッグや、印刷されたレシートをもらうことができます。

セルフサービスのような不思議な買い物ができます。
財布やカードを出す必要がなく、レシートのメール送信のためにメールアドレスをスタッフに教える手間もかかりません。
時間もかからず、とてもラクチンです。
Apple Storeはいつも混んでいるので、お客にとってもスタッフにとっても、この機能はありがたいものだと思います。
スタッフに声をかけずに商品を持ち出すのは、ちょっと緊張するので、遠慮せずにショッピングバッグをもらうといいでしょう。
iPhoneとApple IDでお店の買い物までできてしまうという、時代をリードしたアップルらしい買い物体験ができます。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください