【豆知識】ほかのデバイスで開いているウェブページを見られる「iCloudタブ」機能(iOS 6)

iOS 6のSafariから、ほかのデバイスで開いているウェブページを見れる「iCloudタブ」機能が搭載されています。
たとえば外出先からiPhoneで見ていたウェブサイトを、自宅に帰ってから簡単にiPadで続きを読むことができます。
違うデバイスで同じページを見るために、URLをメモしたり、再度検索したりする手間が省けます。

iCloudタブ機能を利用するには、iCloudアカウントが必要です。
デバイスの 設定 > iCloud > Safari をオンにします。
この設定をオンにすると、通常のブックマークも自動的に、デバイス間で同期されます。

ブックマークの中に現れる「iCloudタブ」フォルダから、ほかのデバイスで開いているウェブサイトにアクセスできます。
iCloudタブ EVOLG 2012年モデル

iPadの場合は、Safariのメニューバーにある雲のアイコンから、iCloudタブを開きます。
iPadのiCloudタブ

iCloudタブは、Mac OS X Mountain LionのSafariでも利用できます。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください