【豆知識】Siriのアラーム機能とタイマー機能を使い分ける

Siriのアラーム機能ガイド

Siriを使って、アラーム(目覚まし)やタイマーを設定することができます。
「○時に起こして」「○時間後に起こして」と命令すれば、アラームが設定されます。
「タイマーを○分セット」「タイマー○分」と伝えれば、タイマーが設定されます。

たとえば10分だけ仮眠をしたい時などは、アラームではなくタイマーを使うのがおすすめです。
Siriでアラームを設定するたびに、「時計」アプリのアラーム内に設定が残ってしまうためです。
Siriでアラームを設定する アラーム設定

10分仮眠するなら「タイマー10分」とだけ伝えれば、10分後にタイマーが鳴り、無駄な設定も残りません。
Siriでタイマーを設定する

ただしアラームの場合は、「スヌーズ」を使えるという目覚まし機能特有のメリットもあります。

(情報はiOS 6時点のものです。)

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください