【豆知識】Smart Coverを被せたiPad/iPad miniにだけ現れる、Smart Coverの設定項目(再掲)

昨年5月に紹介済みの内容ですが、iPad miniと第4世代iPadの発売記念に、豆知識として再度取り上げさせていただきます。

Smart Coverの設定 Smart Coverの設定

iPad/iPad miniの純正オプション「Smart Cover」には、カバーの開閉で自動的にiPadをスリープ/スリープ解除する機能が搭載されています。
スリープ/スリープ解除する機能は、iPad内の設定項目「iPadカバーによるロック/ロック解除」でオン/オフにできます。

この設定項目は、「Smart Cover」あるいは同様の機能を持った他社製ケースを、一度も被せたことのないiPadには表示されていません。
「Smart Cover」を被せて、スリープから復帰させてはじめて、設定項目が現れます。

iPadの「設定」 > 「一般」の中にある、「パスコードロック」と「機能制限」の間に、その項目が出現します。

これには、「必要ないものは隠す」ことでユーザビリティを高める、アップルの配慮が見て取れます。

たとえば「Smart Cover」を知らないiPadユーザにとっては、「iPadカバーによるロック/ロック解除」の設定項目は意味不明です。
また「Smart Cover」を使わないユーザには、この設定項目は意味が無く、あっても邪魔なだけです。
「Smart Cover」のユーザにだけ、この設定項目を提供することで、無用な混乱や煩雑さを避けられます。

これまでにも、アクセサリを接続してはじめて項目が出現する例として、iPodの「ラジオ」や「ボイスメモ」などがありました。
マイクを搭載していないiPod nanoやiPod classicは、外付けマイクやマイク付きヘッドホンを接続したときにだけ「ボイスメモ」の項目が現れます。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください