【編集後記】fitbitをはじめました

fitbit one

SoftBank SELECTIONから国内販売が開始された、「fitbit」を使いはじめました。
「fitbit」(フィットビット)はiPhone/iPadとBluetooth接続して、アプリで歩数や消費カロリーなどを記録・管理できる、ワイヤレス活動量計です。

同じジャンルの製品として、「Nike+ FuelBand」やJawboneの「UP」があります(ともに国内未発売)。
「FuelBand」と「UP」がリストバンド型なのに対し、「fitbit」は衣服に取り付けるクリップ型で、TPOを問わずに使用でき、邪魔になりません。
2種類ある「fitbit」のうち、私が買ったのは上位モデルの「fitbit one」です。

身につけておけば勝手にデータが蓄積されていきます。
iPhoneで専用アプリを起動したときにだけ、Bluetoothで接続されてデータ同期されます。
アプリ内でデータを記録・管理でき、同時に専用のウェブサービスにもデータが反映されます。
ウェブサービスでは運動量に応じてバッジがもらえたりなど、モチベーションを維持するための工夫が凝らされています。
「fitbit one」は充電池内蔵で、1回の充電で5〜7日持つとされていますが、私は1週間使ってもまだ電池残量が半分くらい残っています(あまり動かないせいかもしれません)。

面倒な操作が必要ないので、手軽に使えて、長続きできそうです。
1週間使ってみて、運動への動機付けになっているのを実感しています。
私は「Nike+」も使っていますが、「fitbit」もしばらく継続してみようと思います。

関連記事

▼ fitbitのプロモーション動画

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください