【ニュース】iPhone 5cとiPhone 5sのケース制作者向け寸法図面PDF公開、iPhone 5と5sのサイズ違いはわずか

アップルが開発者向けに公開しているコンテンツApple Developerで、iPhone 5cとiPhone 5sの寸法図が、新たに公開されています。
ケース等の設計に利用できます。

これまで機種ごとに個別のPDFで公開されていたものが、すべて「Case Design Guidelines for Apple Devices」のPDFにまとめて収録されています。

iPhone 5cの寸法図面 iPhone 5sの寸法図面

iPhone 5とiPhone 5sのサイズを比較してみると、以下の違いがありました。
iPhone 5sは、

  • ボリュームボタンそれぞれが直径0.5ミリ小さく
  • 消音スイッチは縦横それぞれ0.3ミリ小さく
  • ヘッドホン端子は0.01ミリ外側へ

音量ボタンと消音スイッチは各パーツの中心に向けて小さくなっており、ヘッドホン端子のズレは誤差の範囲です。
形が変わったフラッシュライトの部分さえ気をつければ、iPhone 5用のケースを5sにも使えそうです。
iPhone 5sの指紋認証センサーのために、ホームボタンまわりは開いている必要があります。
保護フィルムも使えるか気になりますが、前面のホームボタンの大きさ・位置や、センサーの位置も、図面ではiPhone 5と同じでした。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~