【編集後記】「iBookstore」が「iBooks Store」に

「iBookstore」が「iBooks Store」に

アップルの電子書籍アプリ「iBooks」は、iTunes StoreやApp Storeのような、電子書籍ストアを内蔵しています。
2010年の開始当初は「iBookstore」と呼ばれていた電子書籍ストアですが、今年になり名前が「iBooks Store」に変えられつつあります。

2013年3月に日本でサービス開始された際は、まだ「iBookstore」でした。

2013年6月のOS X Mavericks発表では、「iBooks Store」に変わっています。

アップルのサイト上でも、すべてが変わっているわけではありません。
コンテンツにより「iBookstore」と「iBooks Store」の表記が混在しています。
これまでの正式名称「iBookstore」は正しく書かれないことも多く、「iBooks Store」に変えることで「iTunes Store」「App Store」とも統一感が生まれて、良くなったと思います。

そもそも「iBooks」という名前は、アップルが1999年〜2006年まで販売していたノートパソコン「iBook」と被っています。
この重複さえ無ければ、アップルは電子書籍ストアの名前を「iBook Store」としたかったのではないでしょうか。

iBook

アップルが製品名をさりげなく変えることは、これまでにも度々ありました。

そういうわけで、「iをありがとう」でも先日から「iBooks Store」の表記をつかっています。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~