【編集後記】iOS 7.1のアクセシビリティ機能「ボタンの形」に思う

iOS 7.1 ボタンの形

iOS 6以前からiPhone/iPadを使っている方は、iOS 7になってから、操作できるボタン位置がわかりにくくなった経験をされていると思います。
それを解消する機能が、iOS 7.1で登場しました。
アクセシビリティの設定に追加された「ボタンの形」です。
この設定をオンにすると、文字が四角で囲われたり、下線付きになったりして、タッチ操作できることがわかりやすく表示されます。

下に掲載した画面は、左が通常のもの。右が「ボタンの形」をオンにしたものです。
見栄えはよくありませんが、どこがタップできるのか、幾分わかりやすくなっています。

iOS 7.1 ボタンの形 iOS 7.1 ボタンの形 iOS 7.1 ボタンの形 iOS 7.1 ボタンの形

iOS 6以前は、タッチ操作できるボタンが「いかにも押せそうな形」に表現され、こんな後付けの補助機能は必要ありませんでした。
それを思うと、わかいにくいiOS 7とそれを補う「ボタンの形」には、やるせない気持ちにさせられます。
なにやってるんですか、と。
それでもアップルはiOS 7のわかりにくさを認識し、改善を図る意図があると、前向きに捉えることにします。
次のiOS 8で、よりわかりやすく・使いやすく改善されていますように。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~