【編集後記】Beatsがアップル傘下に加わり、これからどうなる?

Apple - Welcome to the family

「b」のロゴで知られるBeatsが正式にアップルの子会社になったとのことで、米アップルのサイトで歓迎する旨のコメントが公開されています。

Apple – Welcome to the family

Beatsを買収した狙いは、音楽ストリーミングサービスの「Beats Music」が欲しかったとか、音楽業界とのコネクションを強めたかったからなどと噂されていますが、本当のところはわかりません。

iPhoneに付属のイヤホンなどが、これからどうなるのか気になるところです。
現行のiPhoneとiPod touch/iPod nanoには、アップルが独自に開発したイヤホン「EarPods」が付属しています。
(iPodに同梱されているものは、リモコン・マイクが無いタイプ)
別売りで「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」という、カナル型(耳栓型)の上位モデルも用意されています。
もしかするとこれらが、Beatsの開発によるものに置き換わったりするかもしれません。
Apple EarPods with Remote and Mic Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic

BeatsはBluetoothスピーカーの「Pill」も人気です。
アップルからもこれまでに、純正スピーカーがいくつか発売されています。
中でも2006年に発売されたiPod用のDock接続スピーカー「iPod Hi-Fi」が記憶に新しいです。
サイズが大きく、価格も高価(42,800円)だったために、あまり人気はありませんでした。
電池駆動もできましたが、単一電池6本を使うというヘビーな仕様でした。
iPod Hi-Fi

そのほかにもMac用の周辺機器として「Apple Pro Speakers」や、「AppleDesign Powered Speakers」もありました。
Beatsを取り込んだことで、またアップルからもスピーカーが出る可能性が高まったと思います。
Apple Pro Speakers AppleDesign Powered Speakers

ただアップルには、競争原理が働かなくなるような身内びいきをしないで欲しいと思っています。
BOSEにだってこれからも、アップル製品向けのヘッドホンを作ってもらいたいですから。
iPod/iPhoneの普及により、ヘッドホン・イヤホンやBleutoothスピーカーの市場が活性化し、Beatsもその中で成長してきたメーカーです。
アップルには今後も変わらず、サードパーティーのオーディオブランドとも仲良くやってほしいと願っています。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~