【編集後記】iPhone 6 Plusの大きな存在感

iPhone 6とiPhone 6 Plusのパッケージ

昨年に続いて、今年も2種類のiPhoneが発売されました。
昨年のiPhone 5s/5cと違って、今年のiPhone 6とiPhone 6 Plusは、どちらを選ぶか悩んだ方・悩んでいる方も多いと思います。
私はiPhone 6 Plusを選びました。
iPhone 5sで契約していたソフトバンクのSIMを、そのまま挿して使ってます。

iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plusは、ジャンルとしては「ファブレット」(スマートフォンとタブレットの中間)に分類されるもので、これまでのiPhoneとは別物です。
大きいiPhone、もしくは小さいiPadが必要なひと向けの製品です。
しかしデザインはiPhoneのままだし、名前もPlusを足しただけなので、別物ということが伝わりにくいんですよね。
このあたりはファブレットの先行品である「GALAXY Note」の方が、横開きのカバーやスタイラスが付いていたり、ノートというネーミングも手伝い、コンセプトが分かりやすかったと思います。
iPhone 6 Plusを「iPhoneのハイエンドモデル」と思ってしまうと、選択を間違えるかもしれません。

もう一方のiPhone 6も、これまでよりも画面が大きくなっていますが、それほど違和感がありません。
もっと大きなiPhone 6 Plusを、同時に見ているせいもあるでしょう。
小さい方のiPhone 6でも、iPhone 5よりホーム画面のアプリ1段分、画面が縦に大きくなっていますが、iPhone 6 Plusも見ておけば、すんなり移行できると思います。
この程度の大きさなら、片手でも問題なく操作できて、画面の上まで指が届きそうに思えます。

iPhone 6とiPhone 6 Plus

そういうわけでiPhone 6 Plusを検討されている方は、実物や評判を確認してから買うことをおすすめします。
私はiPhone 6 Plusは、表示できる情報量が多くて一覧性が高く、タッチ操作もしやすいので気にいっています。
フリック入力はしにくいですが、これから改良されるでしょう。
今後さらにiPhone 6 Plus用に最適化されたアプリが増えて、大画面のメリットを享受できるようになると思います。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS