【編集後記】Apple Watchはまだ見ぬ可能性を秘めている

Apple Watchの展示

4月24日(金)のApple Watch発売が、いよいよ迫ってきました。
手放せなくなる必需品になる人もいれば、必要性を感じず使わなくなる場合もあるでしょう。

Apple Watchはアップルサイトで喧伝されているとおり、活動量を計測して健康増進に役立てたり、メールや電話など小さなiPhoneのように使うことができます。
それが自分の役に立つのか、わからない方も多いと思います。
「腕時計はもう使っていないから」という理由で、Apple Watchはいらないという意見も目にします。
私はApple Watchは、いまアップルが提案しているような使い方には収まらない、無限の可能性を秘めていると思っています。

iPhoneやiPadと同じく、Apple Watchはインターフェースのほとんどがタッチスクリーンで占められたデバイスです。
iPhoneやiPadはご存知のとおり、アプリケーション次第で様々なものに化けられる魔法の板のような道具で、活用法は十人十色です。
Apple Watchも自分でアプリを入れられるので、ひとそれぞれの便利な使い方ができるはずです。
小さな画面ではありますが、何にでも化けられる魔法の道具が、これからは私たちの手首の上にあるのです。

iPhone 3G

iPhoneだって出始めの頃は、世間では「iPod機能付き携帯電話」として認識されていました。
iPhoneがそんな単純なものではないことは、いまでは広く知られています。
Apple Watchも今はまだ誰も気がついてない、思わぬ便利な使い方が現れることでしょう。
Apple Watchの未来がとても楽しみです。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~