【編集後記】ヘッドホン・イヤホンの展示イベント「ポタフェス2015 Limited」をみてきました

ポタフェス2015 Limited

3月14日〜6月13日にかけて全国8都市を巡回中の「ポタフェス2015 Limited」に参加しました。
ヘッドホン・イヤホンを試聴・体験できるイベント「ポータブルオーディオフェスティバル」を、巡回開催するものです。
イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」を運営する、株式会社タイムマシンの主催するイベントです。

私は先週5月10日(日)に札幌で催された回に行ってきました。

ポタフェス2015 Limited

iPodのブームにより、それまでは一部のオーディオファン向けだった高級なヘッドホン・イヤホンの市場が拡大しました。
10年くらい前の話ですね。
現在はそれとはまた違ったブームが来ているようで、「ハイレゾ」「ポータブルヘッドホンアンプ」「カスタムIEM」(耳の形状に合わせてオーダーメイドしたイヤホン)と、さらにマニアックに深化していました。

ポタフェス2015 Limited
▲ その場で耳の型を取り、カスタムIEMを注文することができます。

ポタフェス2015 Limited
▲ フォーカルポイントの出展による、ATOMIC FLOYDとJayBirdのブース。
このイベントは、JayBirdのほかにはBluetooth製品はほとんど見られませんでした。

ポタフェス2015 Limited
▲ こちらはiPhone用アルミバンパーで知られるDeffの「HEAD PHONE AMPLIFIER for iPhone (iOS)」。
Lightning端子に接続するだけで使える、電源不要のヘッドホンアンプです。
これなら気軽に使えていいですね。

ポタフェス2015 Limited
▲ 私が最近使っている、BLUE EVER BLUEのイヤホンのブース。
開発中の未発表の製品も試させてもらいました。
iPhone対応の3ボタンリモコン・マイクを付けて欲しいと要望を伝えてきました。

ポタフェス2015 Limited
▲ 面白かったのが、重低音を増幅して振動もするヘッドホン「SKULLCANDY CRUSHER」。
ヘッドホンがドシンドシンと振動します。
乾電池を使っています。
SKULLCANDYの製品は、一時期Apple Storeでも販売されていましたが、いまは置いていません。

ポタフェス2015 Limited
▲ 私はcomply(コンプライ)のブースで、持参したイヤホンと自分の耳に合うイヤーチップを探してもらい、購入しました。

試聴したい製品がたくさんあったのですが、盛況ですべては試せませんでした。

ポタフェス2015 Limited
▲ それから開催前日のことですが、関係者と開催地のユーザの交流会(飲み会)にも参加しました。
プレゼント品争奪のジャンケン大会(4名が参加)で、1等のヘッドホンアンプと2等のイヤホンを、私が総なめにするハプニングが起きました(汗)。
ポータブルヘッドホンアンプ「オルトフォン MHd-Q7」は、せっかくなので後日使用レビューをさせていただきます。

全8回の「ポタフェス2015 Limited」はこのあと、5月30日(土)大阪、6月13日(土)高松の、2会場で終了になります。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM