【ソフトウェア情報】Apple Watch用「watchOS 2」ソフトウェア・アップデート公開(要iOS 9のiPhone)

watchOS 2 ソフトウェア・アップデート

Apple Watch用の「watchOS 2」ソフトウェア・アップデートが公開されています。

公式サイト:watchOS 2 – Apple(日本)

Apple WatchはiPhoneを使ってアップデートします。
iPhoneがiOS 9にアップデートされている必要があります。
Watch OS 1.0.1からの変更点は以下。

このアップデートでは、 ユーザおよびデべロッパ向けの新しい機能が追加きれます。
主要な新機能は以下の通りです:

  • 新しい文字盤と時計機能
    • 香港、口ンドン、マック湖、ニューヨーク、上海、パリのタイムラプスビデオ
    • お気に入りの写真が表示きれ、手首を上げるたびに写真が変わるフオトアルバム、 Live Photosサポート
    • タイムトラべル機能で、Digital Crownを回して未来や過去の情報をチェック
    • ナイトスタンドモードで、 Apple Watchを目覚まし時計として使用
    • 9つの新しい色で文字盤を力スタマイズ、新しいマルチカラーモジュラー文字盤を追加
    • 他社製Appのコンプリケーション作成をサポート
  • Siriの機能改善
    • 特定のワークアウトの開始、公共交通機関での経路検索、グランスの表示を指示
    • FaceTimeオーディオ通話とメール返信をサポート
    • HoffleWiのサポートにより、自宅内の対応デバイスをSiriで操作
    • オーストリア、べルギー(フランス語とオランダ言)、ノルウェーでのサポートを追加
  • アクティビティとワークアウトの機能改善
    • Apple Watch内の他社製Appで記録したワークアウト
      データをアクティビティリングに取り込み
    • iPhoneの“アクティビティ”Appのアクティビティリング、 ワークアウトデータ、 目標達成を共有
    • 目標達成をほかの人と共有
    • 週ごとの概要をオンデマンドで表示
    • アクティビティ通知を終日消音
    • ワークアウトデータを自動保存
  • Apple PayとWalletの機能改善
    • Discover力ードをサポート
    • ポイント力ードと店用のクレジット力ードやデビット力ードをサポート
    • Apple Watch内の他社製AppからW訓etにパスを直接追加
  • 友達とDigital Touchの機能改善
    • 12人を超える友達をApple Watchから直接追加
    • 友達をグル—プにまとめてグル—プ名を設定
    • 複数の色で描いたスケッチを送信
    • アニメ絵文字の新しいオプション
  • マップの機能改善
    • 交通機関表示で、主要都市の路線、駅、複数交通手段での経路を確認
    • 現在の検索での経路リストを表示
    • 駅の出発案内情報を表示
  • ミュージックの機能改善
    • 新しい“Beats 1”ボタンで 24時間オンエアラジオを受信
    • 新しい“Quick Pay”ボタンで、Apple Musicのきまぎまな曲を再生
  • 音声入力や絵文字でメールに返信、またはメール用に力スタマイズしたメッセージでスマート返信
  • FaceTimeオーデイオで通話
  • iPhoneが近くにない場合でもWi-Fi通話をサポート(通信事業者の対応が必要)
  • アクテイべーション口ックにより、 Apple Watchのアクティべート時にApple IDとパスワードを要求して不正使用を防止
  • デべ口ッパ向けの新機能
    • ネイティブSDKを使って、Apple Watchでネイティブで動作する、より高速で強力なAppを開発
    • 加速度センサーにアクセスして 動きをより精密に追跡
    • 心拍センサーにアクセスして、ワークアウトに活用
    • マイクとスピー力ーにアクセスして、オーディオを録音および再生
    • Taptic Engineにアクセスして、8種類の触覚フィードバックで反応
    • Digital Crownにアクセスして、より詳細に制御
    • Apple Watch上でビデオを直接再生
    • iPhoneが近くにない場合のApp実行をサポート(既知のWi-Fiネットワークに接続きれているときにネットワーク機能を利用するなど)
    • 文字盤のコンプリケーションを作成
    • Appで記録したワークアウトデータをアクティビティリングに反映
    • Appで記録したワークアウトデータをiPhoneの“アクティビティ”Appに取り込み
  • システム言語のサポートを追加:英語(インド)、フィンランド語、インドネシア語、ノルウェー語、ポーランド語
  • 音声入力言語のサポートを追加オランダ語(ベルギー)、 英語(アイルランド、フィリピン、南アフリカ)、フランス語(べルギー)、ドイツ語(オーストリア)、スペイン語(チリ、コロンビア)
  • スマート返信言語のサポートを追加:繁体字中国語(香港、台湾)、デンマーク語、オランダ語、英語(ニュージランド、シンガポール)、日本語、韓国語、 スウェーデン語、 タイ語

一部の機能は、国や地域によって利用できないことがあります。

そのほか、セキュリティアップデートも含まれています。

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
iPhoneが先にiOS 9にアップデートされている必要があります。

iPhoneの「Apple Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

公式サポート情報:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

Apple Watch初のメジャー・アップデートです。
好きな写真を使った文字盤や、サードパーティー製アプリケーションによるコンプリケーション(文字盤に表示する情報)の追加、置き時計のように使えるナイトスタンドモードなど、Apple Watchがより便利になります。
Siriやメールなど、従来からの機能も改善されています。

従来は「Watch OS」の名前でしたが、今回から「watchOS」に変更され、「iOS」「tvOS」との統一が図られています。
当初は9月17日に配布すると発表されていましたが、バグが発見されたらしく、公開が遅れていました。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~