【ソフトウェア情報】Apple Watch用「watchOS 2.0.1」ソフトウェア・アップデート公開。新しい絵文字の追加など

watchOS 2.0.1

Apple Watch用の「watchOS 2.0.1」ソフトウェア・アップデートが公開されています。

Apple WatchはiPhoneを使ってアップデートします。
iPhoneがiOS 9以降にアップデートされている必要があります。
Watch OS 2からの変更点は以下。

このアップデートには、新しい絵文字、パフォーマンスの改善、および以下のバグ修正が含まれます

  • ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
  • バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題の修正
  • 管理対象のiPhoneで、iOSの“カレンダー”のイべントをApple Watchに同期できない問題を解決
  • 位置情報が適切にアップデートされないことがある問題に対処
  • Digital Touchで、 電話番号ではなくメールアドレスから送信きれることがある問題を修正
  • Live Photoを文宇盤として使っているときに不安定になることがある問題に対処
  • Siriを使って心拍数を計測しているときに、センサーが無期限にオンになる問題の解決

そのほか、セキュリティアップデートも含まれています。

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 2以降へのアップデートには、iOS 9以降のiPhoneが必要です。

iPhoneの「Apple Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されたiPhoneの通信圏内にある
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

公式サポート情報:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

watchOSのアップデートには、iPhone以上に時間がかかります。
朝でかける前の作業はおすすめしません。
同時に公開されているiOS 9.1でも、新しい絵文字が追加されています。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~