【編集後記】アップル製品がさらに多様化した2015年

Apple Watch

2015年は例年になく、様々なアップル製品が発表された年でした。

  • MacBook 12インチRetinaディスプレイモデル(3月)
  • Apple Watch(4月)
  • 第6世代iPod touch(7月)
  • iPhone 6s(9月)
  • iPad mini 4(9月)
  • 21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル(10月)
  • 第4世代Apple TV(10月)
  • iPad Pro(11月)

このほかMacBook ProとMacBook Air、27インチiMacもマイナーチェンジしています。
サービスとしては、Apple Musicが新たにスタートしました。
ソフトウェアで見ると、iOS 9、OS X El Capitanにアップデートされたほか、watchOSとtvOSが新たに登場しました。

倒産しかけていたころにジョブズが復帰して、経営のスリム化のために製品カテゴリを4つに絞った(下の表)当時と比べて、ごちゃごちゃした会社になったなあという印象です。

Consumer/Pro/Desktop/Portableの図

まだApple Computer, Inc. だった2001年のiPodの発表時に、「アップルがMac以外のハードウェアを出すらしい」と騒がれたのが懐かしいです。
当時は「Macの会社」でしたからね。
iPodの成功がその後のiPhone、iPadに繋がり、現在のアップルを支えているのかと思うと、iPod大好きな私としては感慨深いものがあります。
(社名から「コンピューター」を取ったのは、携帯電話iPhoneを発表した2007年のことです)

いまは経営が好調で、多様なハードとソフトを開発できる会社になりました。
それぞれの製品とサービスがうまく連携して機能しているのは、「Macの会社」だった当時から、ハードとソフトの両方を手がけていた強みが活かされている気がします。
来年完成する円形の新社屋が象徴するように、これからも美しく調和した製品群を作ってほしいと願っています。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS