【編集後記】iPhone 6sに防寒着を着せたい

冬のiPhone

この冬(北海道はまだ冬です)に判明したことは、iPhone 6sは寒さに弱いということです。
アップル公式のスペックにある「動作時温度」は、iPhone 6sもこれまでのiPhoneと同じ「0°C〜35°C」です。
しかし使用してみた実感として、氷点下ではバッテリー残量が急激に低下したり、シャットダウンすることが、従来のiPhoneよりも多く感じます。

冬のiPhone

iPhone/iPad/iPodはどれも、動作時温度は0〜35°Cです。
Macが10度以上なので、屋外でも使うモバイルデバイスとして、一応は寒さへの配慮がされた数値にはなっています。
Apple Watchも0〜35°Cですが、肌に密着させているためか、寒さで使えなくなったことはありません。

「動作時温度」の範囲外での使用は保証されないとはいえ、やはり寒い日の屋外でも使いたいですよね。
災害時や遭難時の命綱にもなりうる道具なので、ぜひ寒冷地対策もしてほしいところです。
内部に結露する恐れがあるので、寒さでシャットダウンしたiPhoneを、急激に温めたりなどはしない方がいいでしょう。
iPhoneを暖かく保つ、防寒着のようなケースがあればいいですね。
いまのところ冬の屋外で使いたいなら、「mophie juice pack H2PRO」のような防水性も備えたバッテリーケースがいいのではないかと思います。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~