【ニュース】新潟が「マップ」アプリのFlyover(立体表示)に対応

新潟のFlyover

新潟県新潟市が、「マップ」アプリのFlyover機能に対応しています。
Flyover(フライオーバー)は、地形や建物、木々までもが、リアルな描写で立体的に表示されるモードです。
新潟市のほか、聖籠町も見られるようになっています。

Flyover

Flyoverを表示するには、マップを「航空写真」モードにします。
マップを二本指で傾けるか、「3Dマップ」を選ぶと、Flyoverの立体表示に切り替わります。

新潟のFlyover 新潟のFlyover 新潟のFlyover

ニュース解説

デンカビッグスワンスタジアムは、屋根の内側も細かく再現されていて驚かされます。
Flyoverは、東京、大阪、岡山、京都、札幌、静岡、仙台、長崎、名古屋、広島、青森、富山でも利用できます。
iOSのほか、OS Xのマップでも観られます。
一部の都市では観光巡りできる「Flyoverツアー」が用意されています。
新潟はツアー機能には対応していません。

Flyover対応都市は、アップル公式サイトで確認できます。:iOS 9で利用できる機能 – Apple(日本)
(新潟は英語版に掲載)

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~