【編集後記】iPhone Xの「切り欠き」が邪魔になる事案

iPhone Xの切り欠き

iPhone Xの画面上部には、各種センサーが収められた、「切り欠き」と呼ばれているスペースがあります。
うまくデザインされているし、ほとんど気になることは無いのですが、まれに邪魔に感じる場合があります。

私が見つけたのは、Apple Musicのアーティスト画像。
写真のトリミングによっては、アーティストの目線や顔が、切り欠きに隠れてしまうことがあります。
スクリーンショットでは「切り欠き」を再現できないので、写真でお伝えします。

iPhone Xの切り欠き

たとえば高橋幸宏
切り欠きの無い従来のiPhone(写真左)では問題なくても、iPhone Xでは目元が隠れてしまいます。

iPhone Xの切り欠き

これは下にひっぱると画像が拡大されて、隠れた部分を見ることができます。

iPhone Xの切り欠き

Kissではメンバーひとりの顔が隠れていますが、長い舌で誰なのかは一目瞭然です。

iPhone Xの切り欠き

こちらは「おかあさんといっしょ」の、あつこおねえさん
隣の男性のプライバシーに配慮したのでしょうか?

iPhone Xの切り欠き

実はiPhone Xだけの問題ではなく、ほかのiPhoneでも、大事なところが隠れてしまう場合があります。
横長だったり正方形だったりするアーティスト写真を、きまったフォーマットに押し込んでいる、Apple Musicの設計が良くないようです。

iPhone Xの切り欠き

この切り欠きは、英語では「notch」(ノッチ)などと呼ばれています。
のっちを確認してみたら、見事にノッチに隠れていました。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS