【豆知識】iPhone XSにはiPhone Xと同じケースを使える? 流用できるものと、できないものがある

iPhone X/XSケース

iPhone XとiPhone XSは同じ大きさですが、細かい形の違いにより、同じケースが使えない場合があります。

大きさは同じ。形がちょっと違う

iPhone XSは、前モデルのiPhone Xとまったく同じ大きさです。
幅70.9ミリ、高さ143.6ミリ、厚さ7.7ミリです。
重さはiPhone Xが174gで、iPhone XSの方が少しだけ重たく177gです。

しかし形状がすこしだけ違います。
この違いのために、iPhone Xにぴったり合わせて設計されたケースは、iPhone XSには使えない場合があります。
以下で詳しく説明します。

カメラの大きさ

iPhone X/XSケースのレンズ部分

背面に突き出たカメラレンズが、縦に0.1ミリ大きくなっています。
ぴったりに穴あけされたケースだと、ぶつかってしまう可能性があります。
レンズ周りに、ある程度の余裕をもって穴あけされたケースなら大丈夫です。

底部のマイク・スピーカーの穴

iPhone XSの底部

充電コネクタ(Lightning端子)のある底部を見ると、iPhone XとXSでは違いがあります。
向かって左側のマイク穴が、iPhone XSでは数が減っています。
向かって右側のスピーカー穴も、iPhone Xとは微妙に位置がズレています。
iPhone Xのスピーカー・マイクの穴に、一つずつピッタリあわせて穴あけされたケースだと、iPhone XSでは穴を塞いでしまう可能性があります。
横に広く穴あけされたケースなら大丈夫です。

手帳型ケースのオートスリープ機能用のセンサー位置

iPhone Xレザーフォリオ

Apple純正の「レザーフォリオ」などの一部のケースには、オートスリープ機能が搭載されています。
カバーを開くと自動でスリープ解除、閉じるとスリープするものです。
これはケースのカバーに内蔵されたマグネットと、iPhone側の磁気センサーによって実現しています。

Appleがケース製作者向けに公開しているiPhoneの図面を見ると、磁気センサー「HES」の位置が、iPhone XとXSでは異なるのが確認できます。
iPhone X用のオートスリープ機能つきケースをiPhone XSに装着しても、機能が動作しません。

アンテナの変更

iPhoneの側面フレーム部分の金属は、アンテナを兼ねています。
側面を断ち切るようにラインが入っているのは、アンテナを分割する必要があるためです。
iPhone XSではこの分割ラインが、iPhone Xには無かった上側面・下側面にも増えています。
アンテナの構造変更により、iPhone Xでは問題なかった金属製のケースやバンパーが、iPhone XSでは電波干渉を起こす可能性があります。

iPhone XとXSの違いは以上です。

非対応のケースの一例として、凹凸を省いたシンプルなケース「MYNUS iPhone X CASE」があります。
メーカーのFacebookページで、iPhone X用をiPhone XSに装着して検証が行われています。
カメラレンズや底部の穴などに、不一致が見られます。

画面保護フィルムは?

画面保護フィルム(いわゆる液晶保護フィルム)は、共通で使えるものがほとんどです。
厳密にはiPhone XとXSは、センサーが集まった「切り欠き」の中にわずかな違いがありますが、問題にならないようです。

多くのケースは大丈夫。確認済みのものが安心

カメラレンズやマイク・スピーカー穴にゆとりのある設計であれば、iPhone X用ケースをXSでも使用できます。
iPhone X向けに発売された製品で、iPhone XSにも対応していると確認されたものが、実際に多くあります。
しかし上記の「MYNUS」のように、干渉してしまう製品も存在します。
これから新しくケースを買うのであれば、iPhone XS対応の確認が取れたものが、確実で安心です。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS