【レビュー】iPhone XS/XS Max/XR Smart Battery Case:Apple純正のiPhone用バッテリーケース

iPhone XS Max Smart Battery Case

iPhone Xシリーズ用の「Smart Battery Case」をレビューします。
Apple純正のバッテリーケースです。
iPhoneと同じく、Lightningケーブルで再充電できるほか、ワイヤレス充電にも対応しています。
電池残量をiPhoneの画面で確認できる、独自機能を備えています。
iPhone XS用、XS Max用、XR用の3サイズが用意されています。
このページではiPhone XS Max用を使って解説します。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ Appleの「Smart Battery Case」は、2015年にiPhone 6/6s用、2016年にiPhone 7用が発売されました。
2017年のiPhone 8とiPhone X用にはリリースされませんでした。
2019年1月に登場した、新タイプのSmart Battery Caseは、はじめて3サイズがラインナップされました。
新モデルはiPhoneのようにワイヤレス充電が可能になり、iPhone対応のワイヤレス充電器に載せて再充電ができます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 従来品(写真左・中央)は、下側に厚みがあるデザインでした。
iPhone Xシリーズ用(写真右)は、この「アゴ」がなくなり、前面から見るとスッキリしたデザインに進化しています。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 各サイズとも、ブラックとホワイトの2色のカラーバリエーションです。
Apple純正の「シリコーンケース」と同じ表面素材が使われています。
ボタンなどの仕上げも、シリコーンケースと同じです。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 内側もシリコーンケースと同じ、マクロファイバー素材が貼られています。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 内側にバッテリーのスペックが記載されています。
入力は5V〜15V/3A、出力は8.7VV/0.7A、容量は1369mAhです。
2月1日からモバイルバッテリーに必須となっている、PSEマークもちゃんと入っています。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 薄い下側面の内側に、Lightningの端子が突き出ていて、不思議な作りです。

iPhone XS Max Smart Battery Case

iPhone Xシリーズ用は、従来品とは異なり、下部全体が膨らんだ作りです。
再充電用のLightningメス端子は、この膨らみに開けられています。
内側のLightningオス端子と位置をズラすことで、薄いベゼルを実現しています。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 出荷時はバッテリー残量がゼロです。
購入直後は、再充電してから使う必要があります。
iPhoneに付属するLightningケーブルと電源アダプタを利用できます。

5W電源アダプタを使用した場合、充電開始から90分で50%、3時間で94%、Smart Battery Caseが充電されました。
100%になるには、充電開始から3時間半を要しました。

内側のLEDランプが点灯して、充電状況を教えてくれます。
充電中はオレンジ色で、満充電になるとグリーンに変わります。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhoneに装着して充電してみます。
上端をぐにゃっと折り曲げて、iPhoneをスライドさせて収納します。
奥までしっかり押し込んで、Lightning端子を接続する必要があります。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhone XS Maxのシルバーモデルに、ホワイトのSmart Battery Caseを装着したところ。
iPhoneと一体化するので、ケーブルで接続する一般的なモバイルバッテリーよりも扱いやすいです。
中央部だけがコブのように出ていた従来品と異なり、握る部分全体が大きく膨れているので、握った時に厚みを感じます。
Smart Battery Caseの重さは109g、iPhone XS Max本体と合わせると317gになります。
それなりにずっしりと重たく感じます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 装着したときに一瞬だけ、画面上部にSmart Battery CaseとiPhone本体のバッテリー残量が表示されます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhoneのウィジェットを開けば、いつでもバッテリー残量を確認できます。
これはサードパーティー製のモバイルバッテリーには搭載されていない、純正ならでは便利な機能です。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhone XS Maxのバッテリー残量ゼロの状態から、Smart Battery Caseで充電してみました。
充電開始から4分で、シャットダウンから復帰します。
開始から30分で20%、1時間で36%、1時間半で50%充電できました。
開始から約2時間10分で、iPhoneを69%充電できたところで、Smart Battery Caseの電池残量がゼロになりました。
iPhone XS Maxの場合は、Smart Battery Caseを装着することで、バッテリー容量を約7割拡大できると言えます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ Smart Battery CaseのLightningメス端子は、iPhone本体の端子と同じように使えます。
有線接続のイヤホンや映像出力アダプタなどのアクセサリを、そのまま使用できます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhoneにSmart Battery Caseを装着したままで、両方を充電することもできます。
新しいSmart Battery Caseは、USB-PD対応電源アダプタを使えば、高速充電ができます。
iPad Pro用のApple 18W電源アダプタと、USB-C Lightningケーブルなどを使えば、高速充電ができます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhone Xシリーズ用のSmart Battery Caseは、ワイヤレス充電にも対応しています。
iPhoneに対応している、Qi規格のワイヤレス充電器に置いておくだけで、再充電ができます。
iPhoneの7.5W高速ワイヤレス充電に対応した充電器で、Smart Battery Caseの充電所要時間をはかってみました。
充電開始から1時間で50%になり、満充電までには3時間かかりました。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ ワイヤレス充電器に置く際には、注意が必要です。
厚みのある部分の中心に合わせると、コイルの位置が合わず充電されません。
重心がここにあるので、知らないとつい、このように置いてしまいます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ Smart Battery Case全体の、中心を合わせるように充電器に置く必要があります。
Appleでは、背面のAppleマークを目印に、充電器の中心に合わせるようにアナウンスしています。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhone本体とコイルの位置が合っているので、iPhone向けに設計されたスタンド型ワイヤレス充電器なども、そのまま使えます。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ iPhoneとSmart Battery Caseを一体化させて、ワイヤレス充電器で同時充電することもできます。
両方とも電池残量ゼロの状態から、充電所要時間を確認してみました。
iPhoneがシャットダウンから復帰するまで、充電開始から15分を要しました。
その時点でバッテリー残量はiPhoneが1%、Smart Battery Caseが6%です。
そこからはiPhoneの充電が優先されます。

開始から1時間で、iPhoneが32%、Smart Battery Caseが7%になります。
開始から2時間半で、iPhoneが約90%になり、Smart Battery Caseの電池残量も増え始めます。
開始から3時間半で、iPhoneが100%、Smart Battery Caseが50%になりました。
開始から4時間半で、Smart Battery Caseが80%になってから熱を帯び始め、給電が急激にスローダウンします。
熱を感知して、給電を抑える安全機能がしっかり働いていることが確認できます。
iPhoneとSmart Battery Caseの両方とも100%になるには、充電開始から7時間もかかりました。

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ やはりバッテリーの再充電と、iPhoneの充電を同時に行うと、熱を帯びやすく、充電効率は良くありません。
3台のデバイスを同時にワイヤレス充電できる、AppleのAirPowerの発売が待たれます。
サードパーティー製でも、2台のデバイスを同時充電できる「Freedy Flex デュアルワイヤレス充電パッド」(写真)のような製品があります。

Freedy Flex デュアルワイヤレス充電パッド EA1202

【レビュー】Freedy Flex デュアルワイヤレス充電パッド EA1202:2台同時高速充電対応のワイヤレス充電器

2018年11月24日

関連記事:【レビュー】Freedy Flex デュアルワイヤレス充電パッド EA1202:2台同時高速充電対応のワイヤレス充電器

iPhone XS Max Smart Battery Case

▲ 試しにiPhone XS Max用のSmart Battery Caseに、iPhone XとXRを入れてみたところ、充電ができました。
しかし内側に隙間があるので、端子の接続が途切れやすく、実用的ではありません。
iPhone XS用Smart Battery CaseにiPhone Xを入れて充電することもできるようですが、底面のスピーカー・マイク穴の一部が塞がってしまいます。

iPhone 8など、iPhone Xシリーズ以外のデバイスは充電できませんでした。

まとめ

iPhone XS Max Smart Battery Case

純正ならでは便利な機能を備えた、賢いバッテリーケースです。
ケーブルに煩わされることなく、iPhoneを充電できて快適です。
画面上に電池残量を表示する機能は、充電状況を把握しやすく便利です。
ワイヤレス充電器に対応し、従来品より利便性が向上しています。
厚みと重量があるので、バッテリー残量が心配になりはじめてから、装着する使い方になるでしょう。
バッテリー容量を拡張して、iPhoneをもっと活用できる必携アイテムといえます。

iPhone XS用、XS Max用、XR用「Smart Battery Case」は、Apple公式サイトで販売中です。
価格は税込各15,984円(税別14,800円)です。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~