【ニュース】四肢障害を負って以降もiPhoneで創作を続ける写真家のストーリーを、Apple Newsroomで紹介。「Global Accessibility Awareness Day」に合わせて

写真家のレイチェル・ショートが、iPhoneで探求する簡素という美しさ

Apple公式サイトのNewsroomで、「写真家のレイチェル・ショートが、iPhoneで探求する簡素という美しさ」と題したストーリーが公開されています。
四肢障害を負いiPhoneで撮影を行う写真家の、レイチェル・ショートさんが紹介されています。

公開ページ:写真家のレイチェル・ショートが、iPhoneで探求する簡素という美しさ – Apple (日本)

写真家のレイチェル・ショートが、iPhoneで探求する簡素という美しさ

5月16日の、「Global Accessibility Awareness Day」に合わせた企画です。
ショートさんは交通事故により四肢麻痺を負い、入院後1年でiPhoneを持てる程度に回復したものの、カメラは持てなくなったとのこと。

写真家のレイチェル・ショートが、iPhoneで探求する簡素という美しさ

現在ショートさんは車椅子で移動しながらiPhoneで撮影し、自身のギャラリーなどで作品を発表しています。
シンプルに撮影できたり、デバイス上で編集できるといった、iPhoneのメリットにも言及されています。
Newsroomの記事には、ショートさんがiPhoneで撮影した写真も掲載されています。

ニュース解説

「Global Accessibility Awareness Day」は毎年5月の第3木曜日です。
App Storeでも関連特集が組まれました。

App Store

【ニュース】アクセシビリティ機能対応アプリのストーリーを、App StoreのTodayで特集。5月16日の「Global Accessibility Awareness Day」に合わせて

2019年5月16日

関連記事:【ニュース】アクセシビリティ機能対応アプリのストーリーを、App StoreのTodayで特集。5月16日の「Global Accessibility Awareness Day」に合わせて

Appleのすべてのハードウェアが、アクセシビリティ機能を備えています。
ショートさんはiPhoneを持ち上げることができますが、たとえタッチスクリーンの操作が困難でも、iPhoneでの写真撮影は可能です。
Apple公式サイトの「アクセシビリティ – ストーリー」ページでは、声によるスイッチコントロールで撮影を行うIan Mackayさんが紹介されています(下の動画)。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~