【アップデート】Apple公式「WWDC」アプリが、新バージョン8.0で「Apple Developer」としてリニューアル

Apple Developer

Appleが「WWDC」アプリをバージョン8.0にアップデートし、名称も「Apple Developer」としてリニューアルしています。

WWDC

当初はAppleによる開発者向けイベント「WWDC」参加者向けとして公開されたアプリケーションです。
WWDCのセッションのビデオを見たり、開発者向けのニュースの閲覧などができます。

Apple Developer

名称とアイコンのデザインが変更されたほか、以下の変更が施されています。

  • “見つける”タブ
  • 検索UIの向上
  • ダークモードのサポート
  • Apple Developer Programの登録(サポートされている国と地域のみ)
  • 韓国語のサポート
  • その他の機能向上とバグ修正”

アプリケーションは無料でダウンロード・利用できます。


Apple Developer – Apple

ニュース解説

開発者登録していない一般ユーザーも利用できます。
WWDC基調講演などのビデオを、日本語字幕付きで見られます。
インストールすると、iMessageステッカーも使えるようになります。
アイコンのデザイン変更に伴い、アイコンの色を変えるカスタマイズ機能は無くなったようです。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~