【ニュース】Apple、Amazon、Googleなどが、スマートホーム機器の互換性向上をめざす作業部会「Connected Home over IP プロジェクト」結成

Project Connected Home over IP

Apple、Amazon、Googleなどが、スマートホーム製品間の互換性向上を目指すワーキンググループを結成しています。
Appleが発表しています。

プレスリリース:Amazon、Apple、Google、Zigbee Alliance とその委員会メンバーによりワーキンググループを結成、スマートホームデバイス向けにオープンスタンダードの開発をめざす – Apple (日本)

以下の企業が参画しています。

Project Connected Home over IP
  • Amazon
  • Apple
  • Google
  • Zigbee Alliance 委員会メンバー企業
    • IKEA
    • Legrand
    • NXP Semiconductors
    • Resideo
    • Samsung SmartThings
    • Schneider Electric
    • Signify (formerly Philips Lighting)
    • Silicon Labs
    • Somfy
    • Wulian

「Connected Home over IP」と命名されたプロジェクトです。
メーカーの違いを超えてスムーズに使える、安全なスマートホーム製品の規格統一を目指すとしています。
Amazon Alexa、Apple Siri、Google Assistantなどの、音声入力サービス対応デバイス開発を容易にすることも目指すとのこと。

公式サイト:Project Connected Home over IP

ニュース解説

AppleのHomeKitのように、各社の独自規格で展開されてきたスマートホーム機器・IoT製品が、メーカーを超えて互換性を持つようになりそうです。
“開発計画にあるプロトコルは既存技術を補完するもの”とのことで、いまのデバイスは引き続き利用できそうです。
「Connected Home over IP」による製品が登場するまで、HomeKit対応製品を安心して導入できます。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~