【編集後記】ジョニー・アイブの悲願達成? 10年がかりでiPadが宙に浮いた

iPad ProとMagic Keyboard

もう7年前になりますが、iPad Airが初登場したときに、この編集後記コーナーでこんなことを書きました。

【編集後記】アイブが目指した「画面だけが宙に浮かんだコンピューター」

2013年11月3日

【編集後記】アイブが目指した「画面だけが宙に浮かんだコンピューター」(2013年11月3日)

AppleディスプレイやiMac

Appleのデザイナー(当時)、ジョニー・アイブが手がけた過去のデザインからは、画面だけが宙に浮かんだコンピューターを目指しているのが伺える。
iPad Airはその志向に最も近いデバイス。
「Air」という名前にもそれが表されている、という内容です。

iPad Air

そのアイブが目指していたものが、iPad ProとMagic Keyboardで、ついに実現したのです。

Magic Keyboard/Smart Keyboard Folio

いままでのSmart Keyboard/Smart Keyboard Folioは、キーボード面にiPadが載るスタイルでした。
それがMagic Keyboardでは、iMacのディスプレイのように、机上から浮かび上がったスタイルになっています。

iPad Pro用Magic Keyboard

これが「浮いている」かは、意見が分かれるところでしょう。
Appleとしては、「フローティングデザイン」「フローティングカンチレバー」という呼び方や、サイトのキャッチコピーなどでも、「浮いているもの」としてアピールしています。

iPad Pro公式サイトのMagic Keyboardキャッチコピー「ほら、浮いている」

CMでも軽やかに滞空するハチドリに、iPadが宙に浮いているのを象徴させています。

iPadは発売からちょうど10周年を迎えています(米国では2010年4月、日本では5月発売)。
「画面だけのコンピューター」を初代iPadで実現し、それから10年経てついに、宙に浮かばせることに成功したのです。

昨年11月にAppleを退職したアイブが、このMagic Keyboardにどの程度関わっていたかは、わかりません。
まったく関与していなかったとしても、「画面だけが宙に浮かんだコンピューター」を理想としたアイブ意志が、Appleのデザインチームに受け継がれているように感じます。

それにしても上に貼ったiPad ProのCM「Float」は、かつてのiPodやiMacのCMを彷彿とさせる、上品で爽やかな雰囲気ですね。
実際のMagic Keyboardは、価格も重量もヘビー級なので、将来もっと軽快に使えるように進化してほしいと期待しています。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~