【編集後記】点と点がつながってMacの未来がやってきた

Macの未来へようこそ。

Appleシリコンを搭載したMacがついにリリースされました。

MacBook Airと13インチMacBook Pro、Mac mini

【ニュース】Mac用Appleシリコン「M1チップ」発表。搭載第1弾はMacBook Airと13インチMacBook Pro、Mac mini

2020年11月11日

関連記事:【ニュース】Mac用Appleシリコン「M1チップ」発表。搭載第1弾はMacBook Airと13インチMacBook Pro、Mac mini

Appleシリコン搭載Mac

まずはMacBook Airと、13インチMacBook Pro、Mac miniの3モデルです。
iMacや、大きい方のMacBook Pro、Mac Proは、まだこれからです。
Appleでは2年で移行を済ませるとしています。

Apple M1チップ

いままでのMacは、主にプロセッサの処理能力でグレードが分けられていました。
新しいMacでは「M1」という、システムオンチップ(SoC)が全モデルで採用されています。
Socとは、さまざまな役割の装置が合理的に働くように、ひとつのパッケージに合体させたものです。
新しいMacはぜんぶ同じSocなので、それぞれの性能は同じに見えます。
いままでのMacやPCの選び方とは、ちょっと考え方を変える必要がありそうです。

iPhoneやiPad用のSoC「Aシリーズ」で培った技術により、MacのM1チップが開発されています。
もともと「Macの会社」だったApple(かつての社名はApple Computerでした)が、違う製品で育てた技術を使って、さらにMacを発展させたのです。

私はこれに、スティーブ・ジョブズがあの有名なスピーチで言っていた「点と点がつながる」瞬間を見た気がしました。

Mac、iPod、iPhone、iPadとつながっていく点

Macのデジタルハブ構想により、iTunesの音楽を持ち出す装置として、携帯音楽プレーヤーiPodが生まれました。
iPodの人気から、当初は「iPod機能付き携帯電話」と認識されていたiPhoneが誕生します。
そしてiPhoneと同じOSで動作する、同じくタッチスクリーンのiPadへとつながっていきます。

Mac、iPod、iPhone、iPadとつながっていく点

そのiPhone/iPadで培われた技術が、Macへと引き継がれ、Macを新しい次元に引き上げることになったのです。
これからさらなる相乗効果をうんで、未来のiPhoneやiPadにも影響が及ぶことになるでしょう。

いままでのMacともiPhone/iPadとも違う、まったく新しい製品が生まれる可能性だってあります。
Appleは「iPadとMacの統合」を、これまでにも何度も明確に否定しています。
でもこうなってくると、未来のことは、またわからなくなった気がします。
だってAppleシリコンを搭載したMacでは、iPhoneやiPad用のアプリがそのまま動かせるのです。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~