【編集後記】AirPods Maxを刻印入りで買いました

AirPods Max

Apple公式サイトに注文していたAirPods Maxが届きました。

初代iPodとAirPods Max

AirPods Maxは、Appleとしては初となるオーバーイヤー型ヘッドフォンです。
iPodで携帯オーディオプレーヤー市場をほぼ独占していた頃にも、スピーカーは出したけどヘッドフォンはありませんでした。
イヤフォンなら、付属品よりも良いものをiPod向けに発売したことがあります。

AirPods Max

身につけてみると、頭と耳へのフィット感がとてもいい。
ヘッドバンド部のメッシュと、伸縮アーム、自在に動くイヤーカップ、柔らかいイヤークッションにより、どんなひとにもフィットするように作られているようです。
重いという声もありますが、私は重量はまったく気になりませんでした。
主観ですが、むしろ軽く感じるぐらいです。

AirPods MaxとApple Watch

リモコン操作部分は、なんとApple Watchを踏襲したコントローラーが採用されています。
デジタルクラウンを回せば音量調節、押せば音楽操作やSiriの起動ができます。
これが実際に操作してみると、驚くほど使いやすい!
いままでのヘッドフォンには無かった、画期的な発明だと感動した部分です。
クラウンは滑らかにクルクル回るのですが、回してみるとヘッドフォンからカリカリという音が聞こえて、まるで手応えがあるかのように感じます。
Appleはこういう、操作感覚を与えるフィードバックが本当に上手です。

AirPods MaxとiPhone

6万円もするヘッドフォンですから、音質もかなり良いものに仕上がっています。
大好きな音楽を目をつむって聴き始めると、うっとりして止められなくなってしまいます。
Appleが「コンピュテーショナルオーディオ」と呼んでいる技術により、各種センサーとソフトウェアを使い、サウンドを調整しているようです。
音の傾向としては、フラットで味付けがない仕上がりです。
好みと違うという方もいると思いますが、「ミュージック」アプリの設定でイコライザを調節するといいでしょう。
AirPods Proと同じく、ノイズキャンセリング機能と、立体音響技術「空間オーディオ」も搭載しています。

Smart Caseに収納したAirPods Max

あまり評判のよくないSmart Caseも、シンプル&ミニマルで私は好きですよ。
構造を観察すると、1枚のシートを立体的に折りたたんで作られているのがわかります。
デザインもかわいいと思います。
シルバーモデルの白いケースは、汚れがちょっと心配なので、単品販売もしてほしいです。
頑丈なケースがほしい方には、そのうちサードパーティー製品が出ることでしょう。

AirPods Max

AirPodsやBeats製品と同じApple製チップにより、iPhone/iPad/Macとの親和性も高いです。
独自構造による身につけやすさなど、総評としては「使い心地のよいヘッドフォン」という感想です。
Appleが満を持してリリースしただけのことはあります。
いろんな技術が詰まっているけれど、難しいことは考える必要なく、綺麗で迫力ある音を快適に楽しめます。
前述のとおりソフトウェアで制御されている部分も大きそうなので、ファームウェアの更新で、今後の進化も期待できそうです。

牛の絵文字の刻印

ところで今回は、Apple公式サイトで刻印をしてみました。
予約受付当初は、刻印した方が早く入手できそうな表示だったのです(実際は違いました)。
刻印サービスは初代iPodの頃から提供されていますが、私は今回はじめて利用しました。
ご覧のとおり、絵文字の牛です。
かわいいし、2021年の干支なので縁起もよさそう。
AirPods Maxにさらに愛着がわき、入れてよかったです。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~