【レビュー】MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

Apple純正の「MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ」をレビューします。
iPhone 12とiPhone 12 Proに対応する、本革素材の収納ケースです。
マグネットでアクセサリを取り付けられる、MagSafeシステムに対応しています。
カードも収納できます。
iPhone 12 mini用と、iPhone 12 Pro Max用も発売中です。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 差し込んで収納する、スリーブ式の収納ケースです。
Apple純正の本革製スリーブケースは、iPod用に発売されたことがありました。
iPhone用はこの製品が初めてです。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ ケース本体と、「レザーベルト」と呼ばれるストラップのセットです。
素材はともに「ヨーロピアンレザー」とされています。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ ケースの前面側はかまぼこ型に、ふっくらと成形されています。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ カードも収納できます。
カードとiPhoneが接触しないように、内側が二重になっています。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 裏面側は平たい板状です。
Appleマークが片押し加工され、カメラレンズ部分は盛り上がっています。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ レザーベルトはスナップボタンで留める仕掛けです。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ まずピンから遠い方のリングを留めます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ それからケースのスリットに通して、もうひとつのリングを被せます。
この手順を間違えて留めてしまうと、外しにくくなるので注意してください。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ iPhoneを押し込んで収納します。
裸のiPhoneにぴったりのサイズで作られています。
保護ケースやガラスフィルムなどは併用できません。
PET素材の薄いフィルムも剥がれる可能性があります。
しっかり奥まで刺さると、MagSafeシステムのフィードバック機能により、iPhoneがコツンと振動します。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ iPhoneを収納したところ。
サドルブラウン、バルティックブルー、ピンクシトラス、(PRODUCT)REDの、4色のカラーバリエーションです。
定番のブラックが無い、ちょっと変わったラインナップになっています。
これはバルティックブルーです。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 起動したまま収納しても、ケースに内蔵されたNFCと反応して、iPhoneが自動でスリープします。
iPhoneを傾けるか、窓から見える画面をタップすると、時刻が表示されます。
収納中は設定してある壁紙はキャンセルされ、ケースに合わせた画面の色に変化します。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ MagSafeのマグネットが働いているというよりは、ケースの圧迫だけでiPhoneが固定されている印象です。
iPhoneを掴んで引き抜けるように、横にスリットが開けられています。
ケースはキツめで、iPhone本体も滑りやすいので、取り出しにくいです。
使っているうちに、形がなじんで取り出しやすくなるのかもしれません。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 裏面は縁を囲っているラインが折り目になり、iPhoneの角ばった形状にあわせて膨らみます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ レザーベルトはかなり長く、20cmあります。
しなやかで柔らかいです。
二重に重ねられたスナップボタン部分は、完全にフラットになっており、iPhoneを出し入れするときに邪魔になりません。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ ハンドストラップとしては十分な長さです。
ぶんぶん振り回してみましたが、レザーベルトが外れることはありませんでした。
もう少し短いタイプも同梱してほしかったところです。
レザーベルトをつけずに、ケース本体だけで使うこともできます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ カードポケットは、ワイヤレス充電やMagSafeシステムを妨げないように、表側にあります。
カードを収納すると、カードの形に膨らみができます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ MagSafeシステム対応のマグネットを内蔵しています。
MagSafe充電器をぴったりくっつけて、iPhoneを収納したまま充電できます。
ただし「レザーケース」と同じで、使い続けると充電器の跡が残るとされています。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ MagSafeデュアル充電パッドも使えます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ MagSafe充電器に取り付けたときと外したときに、バッテリー残量が表示されます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 底部が開いているので、Lightningケーブルを接続する有線での充電もできます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 充電中に画面をタップすると、時刻の横に稲妻マークが表示されます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 電話の着信時には、相手の名前や電話番号が、窓の中に表示されます。
電話受話口の穴が開けられていますが、収納したまま電話に出たり、通話することはできません。
iPhoneを取り出すか、Apple WatchやAirPodsで応答する必要があります。
この受話口の穴は、スピーカーやセンサーのために開けられているようです。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ 電話に応答してから通話状態で収納しても、自動スリープ機能が働いて、通話が切れてしまいます。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

▲ MagSafe対応レザーウォレットを取り付けられますが、アクセサリの向きを固定する「オリエンテーションマグネット」がレザースリーブには内蔵されておらず、ズレやすいです。

まとめ

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proレザースリーブ

iPhoneを収納して持ち運ぶためのスリーブケースです。
iPhoneに保護ケースを被せず、裸で使うひと向けの製品です。
MagSafeシステム対応で、収納したまま充電もしやすいです。
被せたケースを認識して、画面の色を変えたり、充電状況を表示する、MagSafeシステムを活用した仕掛けもユニークです。
シンプルだけど高機能な、Appleらしさを備えた製品です。

MagSafe対応レザースリーブは、以下のオンラインショップで購入できます。
iPhone 12/12 Pro用と、iPhone 12 mini用、iPhone 12 Pro Max用の3サイズがあります。
価格は税込16,280円(税別14,800円)です。

iPhone 12/12 Pro用

iPhone 12 mini用

iPhone 12 Pro Max用

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM