【レビュー】MOFT Float:iPad Pro/Air用の高さ・角度調節可能なスタンド内蔵ケース

MOFT Float

iPad Pro/iPad Air用の「MOFT Float」をレビューします。
角度と高さの調節ができる、スタンドを内蔵したケースです。

クラウドファウンディングサイトMakuakeで、先行予約販売中の製品です(2021年3月29日まで)。
レビューには販売元提供の評価用サンプルを使用しています。

MOFT Float

▲ ホームボタンを搭載していないタイプのiPadに対応しています。
以下の3種類が用意されています。

  • 11インチiPad Pro(第1/第2世代)用
  • 12.9インチiPad Pro(第3/第4世代)用
  • iPad Air(第4世代)用(10.9インチ)

このページでは11インチiPad Pro用を使用しています。

MOFT Float

▲ ケースにはガラスフィルムが同梱されていました。

MOFT Float

▲ 背面の内側には、ウレタン製のシートが貼られています。
重さは378gで、意外に軽い作りです。

MOFT Float

▲ 側面は柔らかいTPU素材なので、iPadを押し込むだけで簡単に装着できます。

MOFT Float

▲ 11インチiPad Pro(第2世代)に装着したところ。
全体がマットなブラックで、シンプルで落ち着いたデザインです。

MOFT Float

▲ 背面の中央に、二つ折りのスタンド機能が埋め込まれています。
スタンドの底になる部分に、滑り止めが貼られています。
平たく置いた時にも、安定して使いやすいです。

MOFT Float

▲ Smart Folioは併用できません。
画面も保護したい場合は、付属のガラスフィルムを貼るといいでしょう。

MOFT Float

▲ iPad Pro用はトップボタンも、TPU素材で覆われています。
柔らかくて押しやすいです。

MOFT Float

▲ Apple Pencilを固定・充電できるように、側面が凹んでいます。

MOFT Float

▲ 磁力にはある程度の影響があると思いますが、問題なく吸着し、充電・同期ができました。

MOFT Float

▲ スタンド機能について。
二つ折り構造で、さまざまなスタイルでiPadを立てられます。

MOFT Float

▲ 金属製のプレートに、硬めのヒンジが採用されています。
薄いのに、しっかりと安定して立てられます。

MOFT Float

▲ 1段階だけ開けた状態でも使えます。
画面操作もしやすい置き方です。

MOFT Float

▲ 縦向きに置くこともできます。

MOFT Float

▲ Apple Pencilの描画がしやすい、緩い傾斜にもできます。

MOFT Float

▲ 2つめのヒンジも展開すれば、高さをつけられます。
この置い方は「フロートモード」とされています。
ビデオ鑑賞や、FaceTime通話、ビデオ会議、Sidecar機能でMacのサブディスプレイにしたりなど、さまざまな活用法ができます。
ただしこの置き方は揺れやすく、画面操作には注意が必要です。
Apple Pencilで描くのは無理があります。

MOFT Float

▲ 後ろに倒れないように補助する、スライド式のバーが搭載されています。
これは使っても使わなくても、それほど安定性は変わらないように感じました。

MOFT Float

▲ クラウドファウンディングではオプション品として、Apple Pencilケースと、折りたたみ式Bluetoothキーボード、キャリーケースが用意されています。

MOFT Float

▲ Apple Pencilケースは、MOFT Floatと同じTPU素材が使われています。
Apple Pencil(第2世代)専用です。

MOFT Float

▲ Apple Pencilケース単体で使うこともできます。

MOFT Float

▲ MOFT Floatに合体させて持ち運ぶこともできます。
Apple Pecilの充電もされます。

MOFT Float

▲ Bluetoothキーボードは折りたたみ式で、iPadOS対応のトラックパッドも備えています。
収納用の巾着と、充電用のMicroUSBケーブルが付属しています。

MOFT Float

▲ タイピングしやすい十分な大きさながら、両端を折りたたんでコンパクトにできます。
大きさの比較用にiPhone 12 Proを置いています。

MOFT Float

▲ フロートモードで見やすい画面の高さにして、文字入力するのに便利です。
Fnキー併用で動作するショートカットキーを備えています。
地球キーはありませんが、Caps Lockで入力モードを切り替えられます(設定による)。

MOFT Float

▲ 最大3台までのデバイスを登録して、ボタンで切り替えられます。
トラックパッドのクリックは、ボタン式です。
ボタンのないMacBookやMagic Trackpadに慣れているため、使いにくく感じます。

まとめ

MOFT Float

便利なスタンドを内蔵したiPadケースです。
独自の構造で、高さ・角度を自在に調節でき、さまざまなシーンで活用できます。。
硬めのヒンジで、しっかり角度が決まり、使いやすいです。
さまざまなスタイルのスタンドを研究してきたMOFTらしい、よく考えられた構造の製品です。

「MOFT Float」は2021年3月29日までの期間限定で、Makuakeで先行予約販売中です。
一般販売予定価格6,180円のものが、税込5,180円で注文できます。
Apple Pencilケースとキーボードは、セット品のほか、単品でも購入できます。

プロジェクトページ:Makuake|iPadが一瞬でミニPCに!可能性を無限に広げるスタンド『MOFT Float』

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM