【ニュース】Apple Musicがドルビーアトモスによる空間オーディオ配信と、すべての配信楽曲のロスレスオーディオ化を発表。6月から追加料金なしで提供

Apple Musicの空間オーディオとロスレスオーディオ対応

Apple Musicの新機能が発表されています。
新たに空間オーディオで制作された楽曲が配信されます。
また既存の楽曲も含めて、すべての配信曲がロスレスオーディオで提供されます。
6月から、追加料金なしで利用可能になります。

プレスリリース:Apple Music、空間オーディオとロスレスオーディオを発表 – Apple

ドルビーアトモスの空間オーディオ

  • あらゆる方向や頭上から音が聞こえるような3Dサウンド
  • H1チップまたはW1チップを搭載したAirPodsとBeatsのヘッドフォン、最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで、ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生
  • ドルビーアトモス対応のアルバムはバッジを表示
  • サービス開始時は数千曲が対応予定

ロスレスオーディオ

  • Apple Musicの7,500万を超える全楽曲が、ロスレスオーディオで利用可能に
  • アーティストがスタジオで制作したのとまったく同じものを聴くことができるように
  • 「設定」>「ミュージック」>「オーディオの質」でオンに
  • 16ビット/44.1kHz(キロヘルツ)のCD品質から、最大24ビット/48kHzまで。Appleのデバイスでそのまま再生可能
  • 最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供。USB DAコンバータ(DAC)などの外部装置が必要
空間オーディオをApple Musicで

Apple Musicでは、空間オーディオに対応した予告編動画「空間オーディオをApple Musicで」が公開されています。

「空間オーディオをApple Musicで」をApple Musicで(24秒)

ニュース解説

まったく新しい音楽体験がやってきます」として予告されたものです。
「空間オーディオ」に対応するAirPods ProとAirPods Max以外の再生機器でも、ドルビーアトモスの楽曲を体験できるようです。
ロスレスオーディオは容量が大きくなるので、従来どおり圧縮したミュージックも利用できます。
iTunes Storeで販売されている楽曲については、今回の発表では触れられていません。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~