【ニュース】Apple Musicで空間オーディオとロスレスオーディオでの楽曲配信開始

Apple Musicの空間オーディオとロスレスオーディオ

Apple Musicで空間オーディオ・ロスレスオーディオでの楽曲配信が開始されています。
対応する楽曲は、追加料金なしで空間オーディオ、ロスレスオーディオで再生できます。

Apple Music

ドルビーアトモスの空間オーディオ

  • あらゆる方向や頭上から音が聞こえるような3Dサウンド
  • H1チップまたはW1チップを搭載したAirPodsとBeatsのヘッドフォン、最新バージョンのiPhone、iPad、Macの内蔵スピーカーで、ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生
  • それ以外のヘッドホンでは、設定 > ミュージック > ドルビーアトモスを「常にオン」にすることで再生可能
  • iOSの最新バージョンを搭載したiPhone 7以降、iPadOSの最新バージョンを搭載した12.9インチiPad Pro(第3世代以降)、11インチiPad Pro、iPad(第6世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad mini(第5世代)、MacBook Pro(2018モデル以降)に対応
  • Android版Apple Musicアプリには非対応

ロスレスオーディオ

  • アーティストがスタジオで制作したのとまったく同じものを聴くことができるように
  • 設定 > ミュージック > オーディオの質 でオンにすると利用可能に
  • 16ビット/44.1kHz(キロヘルツ)のCD品質から、最大24ビット/48kHzまで。Appleのデバイスでそのまま再生可能
  • 最大24ビット/192kHzのハイレゾリューションロスレスも提供。USB DAコンバータ(DAC)などの外部装置が必要
空間オーディオとロスレスオーディオの視聴方法

デモを兼ねた解説ビデオ「空間オーディオとロスレスオーディオの視聴方法」も公開中です。

サービス詳細:Apple Music – Apple

ニュース解説

Apple Music

6月からサービス開始と発表されていたもので、WWDC基調講演内で「本日から」と明かされて、正式リリースとなりました。
対応するアルバムには、バッジが表示されています。
「空間オーディオ」に対応するAirPods ProとAirPods Max以外の、AirPodやBeats製ヘッドホン、Mac内蔵スピーカーでも、ドルビーアトモスを体験できます。
ロスレスは容量が大きいので、端末にダウンロード保存する際や、モバイルデータ通信での利用には注意が必要です。
モバイルデータ通信でロスレスを利用するかは、設定で決められます。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~