【ニュース】Apple Watchアクティビティで「国立公園チャレンジ」8月28日(土)開催。1.6km以上の運動でバッジとiMessage用ステッカー進呈

Apple Watch 国立公園チャレンジ 2021

Appleが2021年の米国国立公園の支援企画を発表しています。

国立公園チャレンジでもらえる4種類のステッカー

8月28日(土)には、Apple Watchのアクティビティで「国立公園チャレンジ」が実施されます。
ランニング、ウォーキング、ハイキング、車椅子で、1.6km(1マイル)以上の運動を達成すると、専用のバッジとiMessage用ステッカーがもらえます。

国立公園チャレンジ 2021

Apple Watchのワークアウトのほかに、Nike Run Clubなどのヘルスケア連携機能を備えたアプリも利用できます。
Apple Watchと同期記しているiPhoneの「アクティビティ」アプリで、バッジと達成条件を確認できます。

AppleマップやApple Booksなどの企画

8月25日の、米国国立公園局の設立105周年を記念して実施されるものです。
米国では8月23日から29日までに、Apple Storeや公式サイトでApple Payで10ドル以上の買い物をすると、毎回10ドルが公園財団に寄付されます。
AppleマップやApp Store、Apple TVアプリ、Apple Podcasts、Apple Books、Apple Musicでも企画が実施されます。

ニュースリリース:Apple celebrates 105 years of America’s national parks – Apple

ニュース解説

Apple Watchのアクティビティチャレンジは、日本を含む全世界のユーザーが対象です。
達成条件は昨年と同じです。
2017年以降、同様の企画が毎年行われており、今回で5回目となります。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~