【豆知識】Beats Studio BudsはApple W1チップ/H1チップを搭載していない。AirPodsのようなペアリング機器の切り替え機能には非対応

Beats Studio Buds

Beatsの完全ワイヤレスイヤフォン「Studio Buds」は、Apple W1チップやH1チップを搭載していません。
AirPodsやPowerbeats Proのような、簡単に接続先を切り替える機能は利用できません。

AirPodsやBeatsのPowerbeats、Beats Flexなどは、Appleが開発したW1チップ、H1チップを搭載しています。
これらのチップの働きにより、同じiCloudアカウントでログインしているデバイス間で、簡単に接続先を切り替えられます。
iPhoneで使っていたイヤフォン/ヘッドフォンを、iPadやMacに接続しなおすのに、ペアリングの手間がかかりません。

Beats Studio Buds

しかし新しいBeats Studio Budsは、Apple W1チップやH1チップを採用していません。
別のデバイスとペアリングするには、手動での操作が必要です。

Beats Studio Budsのシステムボタンの位置

別のデバイスと接続するには、充電ケースの蓋をあけて、内側にある「システムボタン」を長押しします。
LEDランプが点滅したら、デバイスのBlueooth設定から、Beats Studio Budsを探して接続します。

公式サポート情報

関連する豆知識

Beats Studio Buds

【豆知識】Beats Studio Budsの使い方・設定方法などのサポート情報

2021年6月27日

Beats Studio Budsの使い方・設定方法などのサポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~